ほぼ毎月配当金生活をおくりたい

投資のことがおおくなっていますが、医療、プログラミングのこともかたります。

株式投資のブログは、いっぱいあるのに、このブログにきてくれてありがとうね。

64歳でした、平均年齢 日本の内閣総理大臣臨時代理のメンバーは

 

みなさんこんにちは、今日もブログほうもんありがとうございます。

 

コロナウイルスの感染者は、なくなる気配をみせませんね。

 

f:id:sanketarecord:20160423064758j:plain

やっぱり、抗ウイルス薬ワクチンが実用化されないと無理なんでしょう。

 

先日、米国のトランプ大統領コロナウイルスに感染したとの報道がありました。

 

日本の政治を動かすコアとなる総理大臣だってそのリスクは十分にありますよね?

 

もしも菅総理大臣が、病気等で執務が取れない場合はどうなっているのかって調べてみました。

 

内閣総理大臣臨時代理のカタの平均年齢は64歳

日本の内閣総理大臣臨時代理のにきまっているカタの平均年齢は64歳でした。

 

菅総理大臣の71歳より若い大臣を中心にチョイスされているみたいですね。

 

日本の内閣総理大臣臨時代理のメンバーは

 

日本の内閣総理大臣臨時代理のメンバーは5名の大臣で構成されており、その代行する順番もきまっております。

順位 氏名 年齢
1 麻生太郎さん 80
2 加藤勝信さん 64
3 茂木敏充さん 64
4 河野太郎さん 57
5 橋本聖子さん 55

となっているようです。

 

日本の内閣総理大臣臨時代理のメンバーは内閣法できめられる

 

内閣法第9条にもとづいて、メンバーは決定されます。

 

日本の場合では、代行者は話し合いで決めています

 

米国のケースだと、法律で大統領の代行する役職、順番が決まっており、

 

次は副大統領、その次は下院議長....となっています。

 

sanketarecord.hatenablog.com

 

 

代理の順番ひとつで、国でことなるのはおもしろいですね。

 

日本は、和を尊重して、批判がでないようにバランスをみて決めていそうな感があります。

 

一方

 

米国はそんな話し合いは時間のムダだから役職できめようぜーという合理的な雰囲気がありますね。

 

さいごに

危機管理のはなしからすれば、しばらく菅総理大臣内閣総理大臣臨時代理のかた5名とで行う、懇親会なんていうものは、ほんとはやりたいけれども自粛されているのかもしれませんね。

 

この6人でコロナウイルスの最前線で戦う病院に叱咤激励のため訪問したいのかもしれないですが、断腸の思いで控えているかもしれません。

 

1秒でもはやくコロナウイルスの収束を願うばかりですね。

 

おっさんの資産は、インデックスファンドでいいなって思ったニュース

みなさんこんにちは。今日もブログほうもんありがとうございます。

 

 

 

北海道に寿都町、という町があります。

すっつちょうと読みます。

 

この町が10月8日に原子力発電所からだされる、

 

高レベル放射性廃棄物の処理をおこなう最終処分場の文献調査を受け入れる

 

アクションをおこしました。

 

あと、同じ北海道の神恵内村も、同じアクションをおこしたようです。

 

こちらは、かもえないと呼びます。

 

 

 

どちらの地域でも賛成反対派がいます。

いづれどうなるかが決まります。

 

かりに、最終処分場が建設されるとします。

安全性に配慮をしている最終処分場を作るンですが。

 

とはいえ、

 

万一のことを考えながら生活をせねばなりません。

 

やっぱり嫌ですよね。

 

引っ越せればいいけれど

 

動かない資産である、家や田畑、山を持ってれば、かんたんにそういうわけにもいかにしねえ。

 

最終処分場ができれば、地域内の土地、家の価値って影響受けると思うんですよね。

 

ワタシは、家や土地を持っていません。

資産はほとんどが現金かインデックスファンドにおきかえております。

 

ということなんで、

 

かりに、最終処分場が近くにできても、自由に飛んでいけるかなあって、このニュースをみて思ったところです。

 

オッサンじゃない、若いヒト、お姉さんとっても、

インデックスファンドは、持ち運べるステキな資産のひとつになるとはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カレンペンスさんはペンス副大統領の奥さんになります

 

みなさんこんにちは、きょうもブログ訪問ありがとうございます。

f:id:sanketarecord:20160908120627j:plain

 

は、日本では文化の日ではありますが、米国では大統領選挙の日になります。

 

米国株式市場に、インデックスファンドを通して資金をとうじているものとしては行方がきになるところです。

 

sanketarecord.hatenablog.com

 

 

カレンペンスさんはセカンドレディです

 

先日、勝手にフォローしているトランプ大統領ツイッターをみていたら、カレンペンスさんというカタのアカウントがはいってきて、

 

よく見ればSecond Lady Karen Penceとかいてあるじゃないですか。

 

米国株式をしているくせに、アメリカの政治はなんもワタシしらないんですよ。

 

ファーストレディは大統領の奥様だからMelania Trump メラニア夫人になります。

 

Second Ladyとかかれているから、これはどいうことだ?

 

セカンドレディってあるから、2番目のってこと?

大統領は多妻制がゆるされてるのか?、なるほどね。トランプ大統領は財力めちゃくちゃありそうだし。

 

トランプ大統領は家族の経営も手広くやているのかと納得した感もあります。

 

カレンペンスさんはペンス副大統領の奥さんになります

 

カレンペンスさんはペンス副大統領の奥さんになんですねすね。

 

しらないことばかり。

 

トランプ大統領をフォローするぐらいなんで、ワタシの個人的な願いとしては、トラン

プ大統領の勝利をこころから願っています。

 

それは、トランプ大統領になったほうがワタシのもっているインデックスファンドがさ

らなる上昇が期待できるスケベ心があるのはいうまでもありません。

 

Second Ladyとうい表示があったのでトランプ大統領にとってどういう存在になるのかって、勝手にきになった1日になりました。

 

さいごに

カレンペンスさんを変換していたら枯れんペンス

なんかパワーがみちあふれてきそうな変換になりました。

もしかしらご本人さんもそんな女性であるかもしれません。

そんな仲間がいるので、トランプ大統領は再選をはたしてくれるのだろうと

勝手にワタシは妄想するのでした。

S&P500でいいじゃないか

 

きょうもブログ訪問ありがとうございます。

ワタシの投資歴は10年ぐらいあって、3年前ぐらいからインデックスファンドをコアとした株式投資になっています。

ブログのタイトルには、配当金を毎月もらいたいってかいてるけれど、

タイトルかえたほうがいいかもね。

f:id:sanketarecord:20170109120826j:plain

 

なんで株式投資をやりつづけるかというと

ワタシがなにかトラブルがあっていまの仕事ができなくなったときのために

そなえているってのが大きいかと。

今なんの支障もなくできていることが、突然明日できなくなるってことはないけれど

10年後同じようにできるかっていう保障はどこにもありません。

たとえば、患者さんを抱えるようなタスクは、としをかさねれば難しいでしょう。

明日も同じよう仕事ができない、出社できない確率は、高くはないけれども、それはゼロではないでしょう。

明日のことはどうなるのかだれもわかりません。

明日突然

  • 交通事故にあう
  • くも膜下出血をおこし後遺症で仕事のが続けられなる
  • 会社を解雇される
  • 会社が倒産する

などがおこることだって、あるわけです。

そんなときに、ワタシのかわりに働いてくれるの、収入のささえになるものがインデックスファンドになります。

過去の実績からすると、ワタシがコアにもっているSPDR S&P500ETF(1577)ETFに採用されているS&P500というベンチマークは年7%前後のリターンをたたきだしています。

ワタシは、少しづつですが、SPDR S&P500ETF(1577)ETFeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)などのS&P500に連動した商品に積み立てつづけております。

 

 

sanketarecord.hatenablog.com

sanketarecord.hatenablog.com

 

コロナショックではさすがに、ワタシのSPDR S&P500ETF(1577)ETFeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)もマイナス評価額になりました。

いまは、プラスになって着実に資産をふやしています。

いまの仕事ができるうちは、はたらいて、SPDR S&P500ETF(1577)ETFeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を生活に支障がでない範囲で全力で買い積み立て、資産をできるだけ多くふやしていきます。

万一、なにかワタシにトラブルがあれば、インデックスファンドを少しづつ切り崩し生活の足しにしていく。

なにもなければ、そのインデックスファンドの資産を定年までもっておけば、それは自分年金になっている。

このスタイルでええじゃないか

そんな確信をもちながら、明日も米国市場という荒波のなかに、ワタシの資金を投じようとおもっているのです。

SPDR S&P500ETF(1557)から分配金がはいったよ

 

今日もブログ訪問ありがとうございます。

ブログの更新は、とどこおっておりましたが。投資のことはちゃんとつづけていましたよ。

f:id:sanketarecord:20170109120826j:plain

今回の記事はワタシがもっているETFから分配金がとどいたという内容になっております。

SPDR S&P500(1557)ETFというETF

 

SPDR S&P500(1557)ETFからの今回の分配金は

 

こんかいの分配金はつぎのようになりました。

  • 分配金 3100円
  • 保有数 30口
  • 1口あたりの分配金 約1.36ドル

SPDR S&P500(1557)ETFは、2018年から少しづつ積み立てているETFです。

お金をためていくことを貯金というが、ワタシはこのETFを貯ETFしているとでもいうんでしょうか?

ETFをコツコツやってきたおかげで

現在の保有数は36口になってました。

さらに

ありがたいことに、増えたのは保有数だけでなく、評価額もプラスになっております。

 

 

sanketarecord.hatenablog.com

sanketarecord.hatenablog.com

sanketarecord.hatenablog.com

 

SPDR S&P500(1557)ETFは長期で保有します。

 

これからも、人口増加がみこまれて

世界経済を、しばらくはけん引するであろう米国株式に、日本円で投資できる

SPDR S&P500(1557)ETFにひきつづき貯ETFをおこない保有するというのがいまのワタシ考えですね。

 

さいごに

 

コロナ、コロナで経済が打撃をうけているのに

SPDR S&P500(1557)ETFは、3000円の分配金をわけてくれました。

この3000円で、我が家では1日分、いやいやうまくやれば2日分の食事代をカバーできそう。

SPDR S&P500(1557)ETFがこの調子で成長していけば、8日分の食事代をカバーできますね。

すばらしい。

javascriptで、お客さんの数を管理するアプリをつくってみた

 

みなさんこんにちは。きょうもブログ訪問ありがとうございます。

 

先日、カルディにいったら、入店するカタの人数の制限をかけて営業をしていました。

f:id:sanketarecord:20160330113136j:plain

 

ワタシはカルディの店員さんではないので、詳しい方法はわからないけど

 

入口、出口をそれぞれひとつ設定して、そこに店員さんを配置して、店のなかの込み具合をみているようでした。

 

お店にはいっているお客さんの人数を管理するアプリをつくってみた

f:id:sanketarecord:20170427160819j:plain

そこで、HTMLjavascriptをつかってお客さんの人数を管理するアプリをつくってました。

 

現在の数→

現在すいています

アプリのコード

HTML

 

    <div class = "wrapper">
        <div class = "container">
        <div class = "inData">
            <p><label>最大の人数は<input type ="number" id = "max"></label></p>
            <p><label>制限をかける人数は<input type ="number" id = "pre"></label></p>
            </div>
        <div class = "pannel">
            <p>現在の数→<span id = "customerVolume"></span></p>
            <p><span id = "message">現在すいています</span></p>
            </div>
        <div class = "control">
            <button id = "inBtn">IN</button>
        </div>
        </div>
    

CSS

 

    <style>
    h2 {
            border-left: 5px solid darkgreen;
            padding-left: 15px;
        }
        h3 {
            border-left: 5px solid lightgreen;
            padding-left: 15px;
        }
    </style>
    

javascript

 

    <script>
    (function(){
            "use strict";
            const customerVolume = document.getElementById("customerVolume");
            const message = document.getElementById("message");
            let total = 0;
            const inBtn = document.getElementById("inBtn");
            const outBtn = document.getElementById("outBtn");
            var isDoing = false;
            
            let max = document.getElementById("max");
            let pre = document.getElementById("pre");
            
            let maxVolume;
            let preMax;
            const minVolume = 0;
            
            
            function judgeMes(total){
                if (0 < total = preMax){
                    message.textContent = "店内はこみあってきましたので、入店制限をはじめます。";
                }
                if (total >= maxVolume){
                    message.textContent = "最大人員にたっしました。";
                }
            }
            
            max.addEventListener("input", ()=>{
                maxVolume = parseFloat(max.value);
            });
            pre.addEventListener("input", ()=>{
                preMax = parseFloat(pre.value);
            });
            
            
            inBtn.addEventListener("click", ()=>{
               if(total == maxVolume){
                    return;
                }
                total += 1;
                customerVolume.textContent = parseInt(total);
                judgeMes(total);
            });
            
            outBtn.addEventListener("click", ()=>{
                if(total == minVolume){
                    return;
                }
                total -= 1;
                customerVolume.textContent = parseInt(total);
                judgeMes(total);
            });
            
        })();
    </script>
    
    

アプリのつかいかた

いたってシンプルです

 

まず、お店に入れる最大の人数と、制限をかける人数を設定します。

 

お客さんがはいれば、INボタンをおし、でていけばOUTボタンをおしてもらうというものになります。

 

実践的な話になれば、INOUT部分はなんらかの人感センサーをつかえばいいのではないでしょうか。

 

いま、はいっているお客さんの人数をみていますので、

 

人数にみあったメッセージが表示されるので、それにしたがった活動をしていけばいいのかと。

 

さいごに

カルディに買い物にいってネタをみつけ、アプリを作ることができました。

 

これからも、生活の負担をアプリでおぎなうことができないかを考え、プログラムをかいていこうと思います。

 

 

sanketarecord.hatenablog.com

 

 

sanketarecord.hatenablog.com

 

 

NEXT FUNDS 野村日本株高配当70連動型上場投信ETF(1577)から分配金をゲットしました

 

みなさんこんにちは、きょうもブログ訪問ありがとうございます。

 

今回は、前回と同じような内容になっています。

f:id:sanketarecord:20160908120627j:plain

ワタシのもっている、NEXT FUNDS 野村日本株高配当70連動型上場投信(1577)というETFから分配金をいただいたのでシェアしますよ。

 

NEXT FUNDS 野村日本株高配当70連動型上場投信ETF(1577)からの分配金

 

こんかい、はじめてこのETFから分配金をゲットしました。

f:id:sanketarecord:20160319091708j:plain

 

ファンド名に高配当とうたっているので、胸がたかなりますよ。

  • 保有数 9口
  • 1口あたりの分配金 397円
  • 分配金 3573円

という結果になりました。

 

NEXT FUNDS 野村日本株高配当70連動型上場投信ETF(1577)とは

f:id:sanketarecord:20160326071549j:plain

NEXT FUNDS 野村日本株高配当70連動型上場投信ETF(1577)は、国内で上場している普

通株式のなかで、配当利回りの高い70の企業から構成されるETFになっているようです。

 

このETFをもつことによって70種類の企業の株式を持つことになります。

NEXT FUNDS 野村日本株高配当70連動型上場投信ETF(1577)の詳細についてはこちらへ

NEXT FUNDS 野村日本株高配当70連動型上場投信ETF(1577)をなぜもっているのか

 

それは、個別株をもつ暴落、倒産のリスクを回避しつつ定期的な分配金をゲットしたいからです。

 

sanketarecord.hatenablog.com

 

70種類の企業に分散されていますので、どーんとかまえて保有できますよねえ。

 

NEXT FUNDS 野村日本株高配当70連動型上場投信ETF(1577)のスキなところ、カイゼンしてほしいところ

好きなところは

 

  • 分配金が年4回ゲットできるところ
  • それなりの配当金をもらいつつリスクが分散されているところ
  • 楽天証券では売買手数料が無料であるところ

かいぜんしてほしいところ

 

  • 信託報酬が0.32%をもう少しさげてほしいところ

になります。

 

さいごに

 

コロナショックで、当然ながらこのETFも暴落しました。

 

ですが、日経平均株価の回復とともに、このETFも少しづず回復してきております。

 

また、大きく下がるようでしたら少しずつ買い増し分配金の厚みをおおきくしていきますよ。

最後までおつきあいありがとうございました。