ほぼ毎月配当金生活をおくりたい

投資のことがおおくなっていますが、医療、プログラミングのこともかたります。

株式投資のブログは、いっぱいあるのに、このブログにきてくれてありがとうね。

ワンタップバイを使って、ほぼ毎月配当金受給生活ができそうです

ブログを読んでもらうとうれしいです

毎月配当金ということばにあこがれます。毎日配当金なんてなったらちびりそうですねえ

 

ワタシもいづれは毎月配当金がもらえる状態になれれば、

いいなあというスタンスで資産運用をやっていたんだけどね。

 

今回の記事は、いつの間にかワタシの保有している株式やETFで毎月配当金がもらえるという状態に達していたという話です。

f:id:sanketarecord:20180824103250j:plain

もちろん毎月分配金でもぜんぜんかまわないですよ

もくじ

ワンタップバイとは

8月から、お手軽に米国株式による資産運用をやってみたいということで、ワンタップバイをつかって、いちぶ資産運用をはじめておりあす。

 

ワンタップバイとは、最低金額1000円から米国株式や日本株式に資産運用ができるシステムであります。

 

たとえば、ごくいっぱん的な証券会社で日本株式を購入するとします。

 

日産自動車(7201)の株をかうとしましょう。日産自動車のデータはしたのようになっていあます。

  • 株価 1063.5円
  • 単元株数 100
  • 2018年9月28日の時点

ふつう株式を購入するばあい、最低販売数というのがあって日産自動車では100株からしか取引できないようになっているんです。

 

現時点で日産自動車の株をかう場合には、1063.5×100=106,350円かかるんです。手数料はのぞきます。

 

約10万円というのは大金ですよ。

 

ですが

 

ワンタップバイを経由して株式をとりひきすれば、さきほどかいたように1000円からかえるんです。

 

ふだん生活のなかでクルマのガソリンを入れるときに、おさいふをみてガソリン1000円ぶん、2000円ぶんお願いします?とか

 

お肉をかうときに、あいびきひき肉を1000円ぶんちょうだい?とか言いません?

 

そんなかんかくで、ワンタップバイを経由して株式を少量づつかうことができるんですよ。

保有している米国株式

ワタシがいまもっている保有銘柄はしたの4つの企業になります。

銘柄 ティッカー 配当金の時期
コカ・コーラ KO  1 4 7 10月
ファイザー PFE

 3 6 9 12月

ピーアンドジー PG  2 5 8 11月
エクソンモービル XOE  3 6 9 12月

 

これらを選んでかったのは、高配当であるということ。配当金をめあてですね。

日本の企業の場合、配当金は年2回というのが多いのです。

が、

米国企業の場合ですと年4回というのが多いんです。

 

 

sanketarecord.hatenablog.com

sanketarecord.hatenablog.com

 

 

ほぼ毎月配当金受給生活

さっきの表からもわかるように、過去の配当金を支給する時期をみてみると、ものの見事に分散されているではないですかぁ!!。

 

あくまでも過去の実績ですので、今後のことはわかりませんし、配当金の支給時期がずれてしまうこともあるでしょう。

 

ですが、4つの銘柄をもっていれば、配当金の支給時期が分散されているのでほぼ毎月配当金受給生活がおくれそう。

なんかうれしいですねえ。

さいごに

ほぼ毎月配当金受給生活って、すごくいいひびき。

ですが、あくまでも配当金がほぼ毎月入るというだけであって、この配当金だけで生活できるレベルではとうていありません。

ですが、

ほぼ毎月配当金をもらってそれで生活できるように、なるには、

やはり、少しの配当金でもほぼ毎月配当金をもらえる仕組みをつくることからはじまるはずです。

そうなると、少額の配当金ではありますが、ほぼ毎月配当金受給生活を仕組みを構築しつつあるワタシは、

ほぼ毎月配当金をもらってそれだけで生活できるようになる可能性が十分にあるはずです。

あとは、資産運用額を増やしていくのみですねえ。

さきほどかいた4つの銘柄の配当金をもらったら記事にしていき、こんかいの記事の内容の検証をしていきますね。

さいごはすこしわかりにくい文章になりましたが、おつきあいありがとうございました。

 

最後までおつきあいありがとうございました。