24のブログ

40代のサラリーマンです。ふだんの生活をよりたのしく、そしてラクに生活できるようなことテーマにしていきます。生活を豊かにするための投資のこともかいていきます。

株式投資のブログは、いっぱいあるのに、このブログにきてくれてありがとうね。

インデックス投資より毎月配当金生活というスタイルが好きなんです

ブログを読んでもらうとうれしいです

 

今回の記事は資産運用の話です。

毎月配当金生活という資産運用スタイルがスキだ

ワタシは以前の記事にでもかいているように、毎月配当金生活ができる資産運用スタイルがワタシにあってようだってコト。

毎月配当金生活というのは、管理人のワタシが目標としている資産運用スタイル。

かんたんにその方法をオシエるとしたのようなことなんだ。

  • まず株式やETFの配当金や分配金の支払い時期をチェックして
  • これらの株式やETFを組み合わせて、毎月どこからの株式かETFから配当金や分配金をもらえるような状態にする

という資産運用スタイルです

こうすることによって、毎月配当金や分配金をゲットすることができるうだよね。

サラリーマンの給料のように決まった金額がふりこまれるわけではないけどね。

すこしのお金でも、ワタシが働いていないのにお金をゲットするという感覚がたまらなく好きなんだ。

不労所得感ってやつがギラギラしている。

手にした配当金を、生活の足しにするのもいい。

手にした分配金を、再投資にまわすのもいい。

インデックス投資もわるくないけどね

これとはベツにインデックス投資という投資のスタイルがある。

これは株式市場であつかわれている、いろいろな株価指数というベンチマークに連動した動きになる投資商品を買う方法。

ベンチマークでよく聞かれるのが

株式のことをしらなくても、うえのベンチマークはニュースをみていれば目にふれるはずだ。

インデックス投資とはこれらのベンチマークに連動するような投資信託ETFを買っていく方法になる。

各国の経済が発展するという前提で、時間をかけてすこしづつ投資信託ETFなどの商品を買っていく。

時間をかけてかった商品が、いづれ価値があがっていきそのときに売ってしまい大きな現金をえることができるという未来予想図をえがかせているんだね。

 

この投資スタイルのキモは

  • 長期投資
  • 少しづつ商品をかっていく
  • がまんする

だと管理人のワタシはかんがえている。

 

イデックス投資にたいする違和感

インデックス投資というものを少額からですがワタシもとりくんでおります。

このインデックス投資では、あるていどの成績をえるには、時間がかかる。

ということは、投資をするヒトが10年後も20年後も生きているのが大前提になっている。

たしかに、明日死んでしまう確率はかなり低いんだろうけど

10年後も20年後もいきているって、かくしん なーんにもないのだ。

10年後20年後の資産形成を夢見ている途中で、そのメリットをえることなく、なくなってしまったらなんかもったいなくねえーーおもえてきたんだよねえ。

ひとはかならずいっかいは死んでしまうのだ。

さいごに

ワタシは過去に生きているはかえでもなく、未来に生きているわけではない。

いま、このときを生きている。

もらった配当金や分配金は、いまのところこどものパン代や食費に消えていってるが、それはそれでいいのだ。

よゆうがでたときには、貯金や再投資にまわすというかんじで。

浪費をすることはしないけれども、いまを切り詰めて生活するとうカツカツした状態はいやだな。

もらった配当金や分配金をみながら、今回はなににつかえるのかを考えるスタイルがワタシにあっているようだ。

 

さいごまでありがとうございました。

さいごまでようんでいただきありがとう