ほぼ毎月配当金生活をおくりたい

投資のことがおおくなっていますが、医療、プログラミングのこともかたります。

株式投資のブログは、いっぱいあるのに、このブログにきてくれてありがとうね。

みずほフィナンシャルグループから配当金をいただいた

ブログを読んでもらうとうれしいです

こんかいの記事は、みずほフィナンシャルグループ(8411)から配当金をいただいたという話になります。

いまの日本では銀行にお金をあずけても、ほとんど利子というもがつきません。

ですが銀行の株を保有しておくと、銀行の普通預金の利子の何倍もの配当金をいただくことができますよ。おなじ銀行にちがうかたちでお金をあずけているのに、おもしろい話ですよねえ。

f:id:sanketarecord:20170427160819j:plain

もくじ

 

 

今回の配当金

今回の配当金はしたのボタンを押してもらうと、表示するようになっています。

少し話がそれます。ワタシのブログは資産運用の記録という側面と、HTML、CSSJavascriptなどの勉強したことをアウトプットする貴重な場所でもあるんです。

ですから、ボタンをおしてね。

OPEN
SHUT

 

 

 

 

sanketarecord.hatenablog.com

 

 

銀行の普通預金の利率

ボタンをおしていただきありがとうございます。

 

いまの日本の銀行での普通預金の利率はというとだいたい0.001%ぐらいですか。ネット銀行でさえも0.1%ぐらいかなぁ。

 

100万円あずけても1000円(税金は除く)なんですなあ。すくない。ほんとうにすくない。

 

みずほフィナンシャルグループの配当利率

みずほフィナンシャルグループ(8411)の2018年12月3日の終値は188.5円です。

 

これをもとに、100株もつには、188.5 × 100株 = 18850円必要になります。

配当金は年2回あるから、先ほどの配当金がもらえた場合を計算すると

 

(600 ÷ 18850)×100 ≒ 約3% 

 

という数字になります。うえの計算は手数料などはこうりょしていません。単純計算でネット銀行の30倍の数字になるんですね。

 

さいごに

投資した企業がずーっとおなじ成績をおさめて、毎年同じ配当金をくれるかどうかはわかりません。

ただいえることは、少しリスクをとり経験してみるといままでとはちがった生活ができるんです。

 

今回もらった配当金大事にだいじにつかわせてもらいます。

 

今日もありがとうございますた。

最後までおつきあいありがとうございました。