24のブログ

40代のサラリーマンです。ふだんの生活をよりたのしく、そしてラクに生活できるようなことテーマにしていきます。生活を豊かにするための投資のこともかいていきます。

数多く存在するブログの中から、当ブログへの訪問ありがとうございます

ピアノをやめさせることにした

ブログを読んでもらうとうれしいです

 

今回の記事では、こどものならいごとのことをかいています。

いままで、ならってきたピアノをやめさせるという話。意にそぐわないならいごとをつづけることで、親もこどもも損をしているとおもえてしかたがないのです。

f:id:sanketarecord:20171207130129j:plain

 

ピアノをやめる理由はいたってシンプル。

本人がすすんでピアノにむかいあうという状況がワタシの目から見てみえなくなってきたということから。

まあ、練習しなくなってきたからです。

ピアノはうちも練習あんまりしないけどねえ~?なんてハナシが聞こえてきそうだけど、ハッキリ言ってやる気もないならい事をつづけさせることに何のイミがあるのでしょうか?

やる気がみられないならいごとをつづけさせるデメリットは

  • ならっている時間がもったいない、ほかの興味がわくことに時間をつかえる
  • お金がもったいない
  • おくりむかえする場合、おやの時間がもったいない
  • こどもにあう他のならいごとがあるのかもしれない 機会損失になる

という点でしょうか?。

もしも、こどもがならっている、ならいごとで興味がなくなっている状況がみられたら、バッサリやめさせてあげることをつよくおススメします。

それは、本人のためでもあり、ワタシ(親)のためでもあるんですよ!

 

もくじ

ピアノをはじめたきっかけ

現在、小学5年生になる息子は、ピアノを2年ほどやっております。

ワタシがもともと楽器を演奏することが好きなもので、ギターと電子ピアノをもっており、その姿をみていることが影響したのかもしれません。

 

 

とくに、ワタシが強制してピアノをはじめさせてわけでなく、

 

息子の意思で言葉でピアノをやりたいということを言い出したため、それならばということでピアノをならうことが始まりました。

現在は両手で簡単な曲ならひけるというレベルでしょうか?

 

現在のならいごとの状況

こどもが今現在ならっていることは以下の表のとおりで、水曜日しか休みがないんですよ。

すべてのならいごとで、ワタシ、パートナーもしくはお互いの両親のだれかが、送り迎えをしている状況。メインは管理人のワタシがやっています。

 

曜日 ならいごと
スイミング
スポーツクラブ
ピアノ
スポーツクラブ
なし
スポーツクラブ
スポーツクラブ

 

 

ワタシはふりまわされている

うえの表からみてわかるように、親は完全にこどもにふりまわされていますねえ。まあこどもが熱心に興味をもってやってくれるなら、それは仕方ないことですよ。

 

送り迎えする時間も決してバカにならないぐらいの時間になります。移動する時間、終わるまで待っている時間を合わせると、2時間から3時間になる場合があります。

 

こども本人がやる気があってピアノにかよっているのであれば、この時間とお金は決して無駄にはならない。

 

ですがうちのこどもの場合は違ったよう。

 

 

ピアノはこれでじゅうぶん

一般的なピアノ教室では、課題曲があたえられて、それが上達すれば、完全に弾けるようになったら、また次の課題曲があたえられてというくりかえし。

すこしづつ課題曲のレベルを上げて、スキルをアップしていくというながれです。

 

なんでもそうですが、毎日やらないとうまくならないというは間違いありません。ピアノもしかり。

一日10分でもピアノにさわり、演奏し練習すればいいのではと思っていましたが、ここ数か月間というのは、ワタシが促さないとピアノに向かわない様子。

 

これでは課題曲をマスターするには時間がかかります。

 

そもそも、ワタシが言わないとピアノを弾かないというのは、あんまりピアノを上達する気がないし、興味がなくなってきているとおもえてしかたありません。

 

ピアノを練習しろ!!と怒るのもなんかいやです。

強制されてやる練習でピアノのスキルもあがるともおもえませんし、ましてやこどもの将来の夢が、ピアニストということでもありませんし。

ワタシが送り迎えする時間、まっている時間もがもったいなく思っていたので、

 

ピアノをやめさせることにしました。

 

両手でピアノを弾けるスキルはもっていますし、電子ピアノがありますので、なんか好きな曲、弾きたい曲ができれば、おのずとピアノに向かうはずです。

 

基礎はできているので、もうじゅうぶん。

さいごに

日本では、一度きめたことはやり続けることが美学みたいな考えがありますよね?

でもそんなことはないですよ。

やる気も出ないことに時間を費やしたり、お金を投入するなんてワタシにとっては無駄です。

こどもの能力は未知数です。どうせやるなら、本人がハマってくれる、そんなならいごとをさがしてあげたいですね。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。またの訪問を管理人はいつもお待ちしています。