24のブログ

40代のサラリーマンです。ふだんの生活をよりたのしく、そしてラクに生活できるようなことテーマにしていきます。生活を豊かにするための投資のこともかいていきます。

株式投資のブログは、いっぱいあるのに、このブログにきてくれてありがとうね。

気ラクに、米国株式を運用したいからiシェアーズS&P500米国株式をもっている

ブログを読んでもらうとうれしいです

ワタシは、イマ米国株式投資に、興味が沸いており、少しづつですが米国株式にも資金を移して運用中。

2018年8月16日の時点、記事に紹介する、米国株式を投資対象としたETFは約2000円からかうことができます。

 

f:id:sanketarecord:20160908120627j:plain

米国株式のわけ

米国株式を運用するわけは、米国は

  • 人口増加が予想される
  • 世界一の株式市場を抱えている
  • 米国がさらなる経済発展をすると予測される

からです。少子化高齢化問題や人口減少が予想される日本市場よりは、断然米国市場が有利ではないでしょうか?

 

米国株式を運用するには

米国株式を運用するには、

  • 米国株式を直接買う
  • 米国株式を扱うインデックスファンドを日本円で買う
  • 米国株式を扱っている、日本の株式市場に上場してるETFを買う

という、方法がワタシは思い浮かびます。

 

米国株式を直接買うというのは、ワタシ未経験なんで、詳しくかけません。

直接的な米国株式運用

とでもいうのでしょうか?やっていない理由を簡単に書くと、

  • 税金面
  • 手数料
  • あるていどかたまった資金がいる

からなんです。

でもいづれは直接米国株式を買う日が必ずくるとおもいます。

 

 

ワタシが取り組んでいるは、米国株式を取り扱っているインデックスファンドと、東京株式市場に上場してい米国株式を扱うETFを通して米国株式を運用中デス。

 

間接的な米国株式運用

とでもいうんでしょうか?

米国株式を運用しているのですが、日本円で購入し、売却益や配当金を日本円でもらうということになります。

 

運用しているETF

現在もっているETFは、

  1. iシェアーズS&P500米国株式(1655)
  2. SPDR S&P500ETF(1557)

のふたつ。

ETFというのは、株式市場に上場している投資信託(ファンド)で、株式のように売り買いでき、さらに株式投資で配当金がでるように、ETFからの配当金もあります。

 

ふたつのETFは2018年8月16日の終値でしたの表のようになっています。

 

ETF 1株あたりの価格 信託報酬額
iシェアーズS&P500米国株式(1655)  2237円  0.15%
SPDR S&P500ETF(1557)  31450円  0.09%

さいごに

このふたつのETF知名度が低いせいなのか、流動性に乏しい気がします。そこがデメリット。

ですが、年に数回の配当金をいただきながら、すこしづつ買い増しをつづける計画です。

 

 

 

さいごまでようんでいただきありがとう