24のブログ

40代のサラリーマンです。ふだんの生活をよりたのしく、そしてラクに生活できるようなことテーマにしていきます。生活を豊かにするための投資のこともかいていきます。

数多く存在するブログの中から、当ブログへの訪問ありがとうございます

パートナーに給料明細見せていますか?

ブログを読んでもらうとうれしいです

どの職場でも給料明細というものが、毎月手元に届くはずです。

 

今回の記事は、給料明細をパートナーにみせないことが、株式投資をはじめることにつながったというお話です。

f:id:sanketarecord:20160908120627j:plain


 

みなさんは、パートナー(お嫁さん?奥さん?)に、この給料明細というもをみせておりますか?

 

ワタシはこの給料明細を、パートナーに一度も見せたことがありません。

 

パートナーと生活をはじめて、十数年たちます。 何度か、パートナーにその給料明細というものをみせろ!とせまられたことはあります。

 

ですが、こたえは、NO!!

 

こう長年も、給料明細を見せずにすんだのは、パートナーが仕事(正社員として)をしていることが大きいかな?

パートナーがいわゆる、専業主婦であればそうもいかないんでしょう。

仕事をするパートナーに感謝感謝ですなあ。

給料明細をみせないメリット

給料明細をみせないメリットをあげるとすれば、

  • へそくりができる
  • 小遣い制度より、多くのお金をつかうことができる
  • 自分に投資ができる
  • 株式投資ができる

でしょうか?

ワタシの場合、給料明細を見せないことにより、一般的なサラリーマンの小遣いの金額より、ワリト多くのお金を自由につかうことが可能です。

 

そのお金で、ワタシは本を買う資金を確保し。

株式投資なるものに出会い。

株式投資の資金を確保することができました。

 

そうなんです、株式投資などの投資環境、投資資金をつくることができたのは、給料明細をみせないことを続けたのが大きかったです。

 

  

これが、小遣い制度だったらどうでしょう?

少ない小遣いから、投資資金に回すお金の余裕もなかったんじゃないかな?

小遣い以外からの資金(自分がもらった給料なんだけどね)をつかって、株式投資をしようといっても、パートナーにすぐに理解がえられたのか?疑問です。

逆に、給料明細をパートナーに見せなかったデメリットといえば

 

思いつきません。

 

まだ、パートナーに見せていないならば、永遠に見せ続けないことをおススメします。

 

給料明細をみせないための戦略

さきほどから、書いているとおり、給料明細をパートナーに一度も見せておりません。ましてや、ボーナスの明細もしかり。

ワタシが、いまも給料明細をみせないでおけるのは

  • パートナーを裏切るような、お金の使い方をしない(散財しない)
  • 必要な場面で、お金を工面する
  • 家事をこなす(積極的に参加する)

あたり前ですが、自由にできるお金があるからといって、毎日飲みにでたり、パチンコにいったりなどとはもってのほかですね。

 

どんだけもらっているんじゃい!給料明細みせてみろ!と怒鳴られますわ。

 

給料明細を見せないからといって、全部丸ごとワタシが使っているわけではありませんよ。

 

家賃、光熱費、食費に関してはワタシのお財布から。子どもの教育費、保険、通信費はパートナーのお財布からというように、負担を決めています。

もちろん家賃等は毎月ワタシが責任もって支払いを続けていますよ。

 ようは、信用の蓄積ですね。

 

さいごに

一緒に生活するからといって、なんでもかんでもパートナーに公開すればいいってもんじゃないでしょうか?

 

自由につかえるお金が増えるということは、なにも株式投資だけでなく、自分への投資もしやすくなるということかな。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。またの訪問を管理人はいつもお待ちしています。