24のブログ

40代のサラリーマンです。ふだんの生活をよりたのしく、そしてラクに生活できるようなことテーマにしていきます。生活を豊かにするための投資のこともかいていきます。

数多く存在するブログの中から、当ブログへの訪問ありがとうございます

ウォーカーやランナーは、LEDライトを携行すべき、LEDライトが100円でかえる

ブログを読んでもらうとうれしいです

早朝や夜のランニング

ランニングすることが習慣になってます。

走る時間帯というのは、決まってまして。

早朝か?夜?のどちらか。

このふたつの時間帯に共通すること、

それは、

真っ暗だということ。

真っ暗な時間に走っております。

f:id:sanketarecord:20160321165244j:plain

 

話しは変わって、

早朝や夜に自動車を運転することも数多くあります。

 

早朝や夜に自動車を運転しながら、ウォーキングやランニングに汗を流すヒトたちをよくみかけます。

 

このときも、まわりはすでに真っ暗。

 

道をいきかう、ウォーカーやランナーに気を付けながらクルマを走らせる。

 

当然です。

 

だって、加害者にはなりたくは、ありません。

 

はやめ、はやめのヘッドライトの点灯をし、走る道路の状況をかんがえて、アクセルの加減を調整する。

 

だって、加害者にはなりたくは、ありません。

 

sanketarecord.hatenablog.com

 

注意しながら運転するが

 

運転しながらおもうんだけど、ウォーカーやランナーが目だつように

  • 反射ステッカーつきのタスキを、カタからかけてあるく、はしる
  • 明るい服装であるく、はしる
  • 反射ステッカーつきのシューズであるく、はしる

をしていても、その姿がわかるようになるのって、ウォーカーやランナーとの距離が近づいたとき。

 

そんなときが多い感じがするんですよね。

 

なにもトラブルが起こらなくても、その姿をいち早くわからなかったという事実。

危険をいち早くつかめなかったという事実

その事実にワタシはかなりショックを受けます。

 

ウォーカーやランナーに気付いていなかったということは、下手すればウォーカーやランナーに接触していたかもしれないということ。

 

そこでLEDライト

ウォーカーやランナーは、LEDライトを、そのどちらかの手に握りしめておく。

 

クルマ、バイクのドライバーはいち早くその存在を気付いてもらえるはず。

 

  •  夜間の歩道にひかる小さなあかるいあかり
  • そのあかりは、時計の振り子のように、一定のリズムで動いている

この状態をみれば、ドライバーは、そこにウォーカーやランナーがいるということはさすがにわかってもらえるはずですよ。

服装や反射ステッカーが優れていても、光が届かなければ、ドライバーは気付いてもらえません。

ウォーカーやランナーがLEDライトをもっているほうが、ドライバーにいち早く気付いてもらえます。

 

さいごに

いまは、100円ショップでLEDライトを買うことができます。

LEDライトは少ない電力で、そのあかりをともすことが可能です。

決してダンベルように重いわけではありません。

LEDライトを片手にもつだけで、多くのトラブルを未然に防止できるはずです。

100円で事故をふせげれば安いもんですよ。

べつにLEDライトじゃなくてもいいですけど。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。またの訪問を管理人はいつもお待ちしています。