24のブログ

40代のサラリーマンです。ふだんの生活をよりたのしく、そしてラクに生活できるようなことテーマにしていきます。生活を豊かにするための投資のこともかいていきます。

数多く存在するブログの中から、当ブログへの訪問ありがとうございます

AEDの使い方、AEDはいつでも動作するわけではない

ブログを読んでもらうとうれしいです

 

AEDとは

AEDというキーワード、だいぶ世間にしれわたってきたのではないのでしょうか?

 

意識、呼吸がなくなり、脈がふれないヒトに、いちばん最初におこなう処置があります。

 

f:id:sanketarecord:20160423064758j:plain

 

一次救命処置。

 

心肺蘇生法とかBLSともよばれています。

 

口から口への人工呼吸と、胸を直接おす、胸骨圧迫をくみ合わせた処置。

 

AEDは、このBLSをするときにそばにあったら心強いよい、アイテムになります。

 

AEDは、医療機器のひとつ。2004年ごろから医療に直接かかわることがない一般のカタにも使えるようになりました。

 

AEDはAutomated External Defbrillatorのかしら文字からとってあり、そうよばれています。

 

意識や呼吸がなくなり、脈がふれないヒトに、AEDについているパッド(サロンパスやシップのようなイメージ)と呼ばれる粘着性のあるテープを、胸に直接はって電気ショックをあたえることができます。

 

電気ショックのことを専門的にいえば除細動をかけるなんていったりもするかな。

 

電気ショックをかければ、ただちに心臓に刺激が伝わり、すぐに心臓が動き出して意識が戻るようなイメージをもっているカタ。

 

多いかもしれません。

 

 

 

 

AEDはいつでも動作するわけではない

AEDによる電気ショックをあたえて、すぐに心臓がうごきだし、やがて意識がもどり、呼吸ももどる。

 

そのような劇的な変化をするヒトもいるのでしょう。

 

いつもいつもそういときばかりではないのです。

 

AEDも決して万能ではないのですよ。

 

AEDが、電気ショックをおこなうのは、条件があります。

 

AEDは、電気ショックをかけるまえに、電気ショックが必要かどうかを調べます。

 

心臓のうごきや状態(心電図を調べる)を調べて(解析しますというメッセージが流れる)

心臓が、ある状態であれば、電気ショックが必要だと判断するのです。

 

そのある状態、条件とは、心臓がけいれんしている状態。

専門的にかけば、心電図で心室細動とか心室頻拍いう状態でているときに電気ショックをかけれるようになっているんです。

 

けいれんといえば、おさない子どものいるカタは、熱性けいれんというキーワードはご存知ではないでしょうか?

手や足が速いスピードでガクガク、ピクピクすような動き。

けいれんではイメージつかないでしょうか?

 

心臓のおさらい

生物おさらいになります。

心臓は、4つの部屋があります。

この4つの筋肉でできた部屋。ふくろの中に血液が入って、筋肉が規則的にリズムよくしぼんだり、ふくらんだりして動くから、血液は全身に流れていくのです。

 

規則的にリズムよく動くというのがポイントです。

 

心臓の筋肉がけいれんしているとなれば、規則的にリズムよくとはほどとおい状態。

 

けいれんしていれば、全身に血液をおくることは難しくなるわけなんです。

 

 

 

意識や呼吸がなく、脈がふれないヒトの心電図 

心電図とは、さきほどもかいたとおり、心臓の状態を教えてくれるデータのこと。

意識も呼吸もなく、脈がふれないヒトの心電図(心臓の状態)は大きくわけて4つ。

4つのうちのいづれかになっているんです。

意識も呼吸もなく、脈がふれないヒトにAEDパッドをはりつけます。

AEDが心電図を調べて、心静止とか無脈性電気活動の波形とわかればAEDは電気ショックの準備をしません。

 

「電気ショックは必要ありません」というメッセージが流れるだけです。

 

べつの言葉でいいかえれば、「心臓はけいれんしていませんので、電気ショックが必要な状態ではない」ということ。

 

 意識も呼吸もなく、脈がふれないヒトすべにAEDで電気ショックがかけられるわけではないのです。

でも間違えないでください。

AEDのパッドをはられたヒトというのは、意識や呼吸がないヒト。

AEDをはる前に、BLS(人工呼吸と胸骨圧迫)というのをやっているはずです。

 

決して「電気ショックは必要ありません」というメッセージは、BLSをやめてくださいということではありません。

救急隊や医療従事者に引き継ぐまでは、BLSを絶え間なくつづける必要があります。

 

AEDは2分ごとに、自動で心臓の状態を調べます。

その後に、先ほどの心臓がけいれんしている状態に変化してくる場合もあります。

 

 

さいごに

AEDとうのは、意識も呼吸もなく、脈がふれない状態のヒトにつかいます。

条件が整えば、そのヒトの救命のチャンスをぐっとたぐりよせることができるんです。

ただ、それには意識も呼吸もなく、脈がふれない状態のヒトに遭遇したときに、勇気をもってむきあうことが大前提になります。

 

 

sanketarecord.hatenablog.com

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。またの訪問を管理人はいつもお待ちしています。