24のブログ

40代のサラリーマンです。ふだんの生活をよりたのしく、そしてラクに生活できるようなことテーマにしていきます。生活を豊かにするための投資のこともかいていきます。

数多く存在するブログの中から、当ブログへの訪問ありがとうございます

仮想通貨の取引所にアカウントを申請してみた

ブログを読んでもらうとうれしいです

ただいま確認中

f:id:sanketarecord:20160908120627j:plain

仮想通貨の取引はじめるには、株式投資を行うときと同じ用に、アカウント(口座)が必要です。

ネットでググってみれば、仮想通貨をあつかっている業者は

が検索ででてきます。

現在Zaif仮想通貨の取引きができるように申請しているところなんです。

時間がかかる

Zaifで、アカウントをひらくのは簡単にできます。数分で自分のアカウントをもつことができます。

 

でも、取引はできません。

 

取引を行うには本人確認の書類が必要です。

 

2017年12月末に、本人確認のドキュメント(書類)をアップロードしたのですが、1月7日現在、まだワタシのアカウントでは確認中、申請中の表示がなされております。

 

SBI証券口座をひらくときに、本人確認のドキュメントは、運転免許証のコピーを郵送で送り、そのコピーで確認してもらいました。

 

ですが

 

Zaifの場合、本人確認のドキュメントの提出は郵送という選択肢はないようです。

アップロードのみ。

 

自分のデータをアップロードすることに、すんごい抵抗がある40代のオッサンなんです。

でも、

仮想通貨の世界のとびらをあけてみたいではありませんか。

今回、人生はじめてワタシのドキュメントをアップロードしています。

おちつかない状況がつづいております。

 

本人確認のドキュメントをアップロードをしたのに、まだウラがとれていないんでしょうか?

 

アップロードするメリットというのはスピードなんですが。まだ取引できません。

 

ビットコインの価格上昇や仮想通貨の人気により、アカウントの申請数が多くなりすぎて、処理がおいついていないのかもしれませんねぇ。

 

たしかに年末年始を挟んでしまったせいもあるかもしれません。

 

今後のながれ

Zaifでの今後の流れは、

  • ワタシの本人確認書類で確認がとれたら、Zaifから郵送物がとどき
  • 本人確認のページで、郵送物にかいてある本人確認コードを入力するらしい

ただいまは、仮想通貨のチャートをながめるのみです。

 

 

さいごに

仮想通貨は法定通貨(ようするに、お札や硬貨のこと)のように目にみえず形がありません。

ネット上での記録やデータが仮想通貨をもっていること証明になるんです。

となれば、

 

ネット環境が必須ナンですと。

仮想通貨があたりまえになれば、ネット環境があるというのが大前提なんですねえ。

スマホやネットパソコンを持っていないといヒトは多くないとおもいます。

ネット環境といのは、ますます重要なライフラインになっていくんですね。

 

先ほども書いたとおり、取引ができるのは、しばらく時間かかりそうです。

 

興味のあるカタは、今すぐ行動に移すことを強くおすすめします。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。またの訪問を管理人はいつもお待ちしています。