24のブログ

40代のサラリーマンです。ふだんの生活をよりたのしく、そしてラクに生活できるようなことテーマにしていきます。生活を豊かにするための投資のこともかいていきます。

株式投資のブログは、いっぱいあるのに、このブログにきてくれてありがとうね。

除湿機を使い部屋干しして時間を節約

ブログを読んでもらうとうれしいです

今回の記事では除湿器じょしつきが時間節約に、やくだっているといことを書いています。

f:id:sanketarecord:20170315103018j:plain

 

ワタシのいえでは除湿器といえば、梅雨の時期から夏のあいだにかけて、かつやくするものというアイテム。

それがいつのまにか、こどもたちの成長にともなって、この除湿器のありかたもずいぶんとかわってきました。

いまでは、週5日ぐらいは、この除湿器をつかっています。

ここまでいくと除湿器をつかいたおしているというレベルかもしれません。

除湿器とは

除湿器とは、家の中にある部屋や押し入れなどの湿度を下げるためのアイテム。

ワタシの場合、除湿器は、部屋の湿度を下げ、カビを予防するという使い方をしていません。

ワタシの家の場合ですと、除湿器をつかう、いちばんの理由は洗濯物を乾燥させるために、今はつかいたおしています。

なぜ除湿器をつかいたおすようになったのか

以前のつかう頻度としては、先ほどもかいたように、梅雨から夏のあいだにかけて、雨が続くため洗濯ものがそとにだせないという条件があったからです。

いまでは、こどもたちがおおきくなり、その背景がおおきくかわってきました。ほぼ毎日つかっています。それは 

  • 洗濯ものの量が以前とくらべて増えたこと
  •   
  • 体操服や部活動の練習着を毎日つかうことが多くなってきたこと
  •   

が、おおきな理由です。

こどもたちが、おおきくなり、クラブ活動や部活動に参加します。

そこで体操服や練習着をつかいます。

洗濯ものが普段着だけではなくなりました。自然と量が増えます。

体操服や練習着に予備がおおくあればいいのですが、こどももまだ成長期なので、そうおおく持っていることはできません。

 

今日使った体操服、練習着を明日も使うという日がほとんどあるからです。

 

そういう背景になれば、夕方から夜にかけて洗濯をして、次の日の朝には洗濯ものが乾いていることが必要となってくるのです。

そこで除湿器の登場

ワタシの家では、この洗濯ものを乾かすのに除湿器をつかっています。

洗濯ものを乾かすだけですので、むずかしいことはありません。

  • 洗濯ものを部屋にほす
  • 部屋の中に除湿器をおき、さどうさせる
  • 扇風機またはサーキュレーターを使い、室内の洗濯もにまんべんなく風をあてるようにする

これだけしておけば、次の朝には、その日に停電や除湿器の不具合がなければ、洗濯もは乾いております。

ポイントとしては、除湿器だけでなく扇風機またはサーキュレーションを使っているということにんるんでしょうか?

洗濯ものを干す量が少なければ、除湿器だけで乾燥できるかもしれません。

ワタシの家のように、洗濯ものを干す量がおおくなれば、扇風機やサーキュレーションをいっしょにつかったほが、乾きがいいです。

除湿器をつかうメリット

このように除湿器をつかいたおしているメリットとしては

  • コインランドリーに行き来する時間を使わないですむ
  • 洗濯ものを夜にすませているので、出勤前の朝によゆうがある
  • 除湿をかけているので、部屋にカビがでていない

洗濯ものを乾かすのに、コインランドリーをつかうカタもいるかと?

ワタシは、コインランドリーに行き来する時間や、利用者がおおいときの待ち時間が発生することを考えれば、コインランドリーをつかうという気がまったくおこりません。

夜に洗濯ものについてはカタがついています。出勤前のバタバタする時間に、ひとつでも作業することがないことはいいですね。

 

デメリットとしては

  • 部屋の中で洗濯ものを干すので、服についた髪の毛やゴミが部屋におちる
  • 電気代が少しはかかる

 です。部屋のなかで干すので、乾いたときに衣服についていた、髪の毛やゴミなどがかぜにあおられて、部屋の中におちます。

電気代はしかたありません。コインランドリーに使ってしまう時間を考えれば、電気代など安いものだと思っています。

さいごに

こどもが学校にいる間は、この除湿器を使いたおすことが続くことになりそうです。いまつかっている洗濯機が、10数年たっています。

次の洗濯機は、容量も大きく、乾燥機の機能がついているものを考えてもいいのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

さいごまでようんでいただきありがとう