24のブログ

40代のサラリーマンです。ふだんの生活をよりたのしく、そしてラクに生活できるようなことテーマにしていきます。生活を豊かにするための投資のこともかいていきます。

数多く存在するブログの中から、当ブログへの訪問ありがとうございます

2つ以上の証券口座を開設しよう

ブログを読んでもらうとうれしいです

日経平均株価が、昨日の平成29年10月18日時点(終値)21,363.05円となっております。今週末には衆議院選挙もひかえており、その結果しだいではさらにこの日経平均株価があがっていく可能性もあるし、さがっていく可能性もあります。

 

f:id:sanketarecord:20160908120627j:plain

日本の株式を取引するには

日本株式の取引を行う時間帯は原則、平日の、あさ9時から、ひるの3時までの間になります。

この時間帯に取引をおこなうのです。

あと、取引を行うには証券口座を自分自身が開設している必要があります。現在の日本株式の取引は、ご存じのとおり、インターネットを使って取引ができます。

ワタシもSBI証券の証券口座を開設して、インターンネット取引ができるようにしています。

よって、ワタシは平日のあさ9時から、ひる15時の間に日本株式の取引ができるんです。

 

平日の昼間だけどインターネット取引ができないときだってある

でもそう思っていても、いざ今からインターネット取引ができなくなるということがまれにあります。

それはどんな時なんでしょうか?

  • 証券会社のサーバートラブル発生によるもの
  • アカウントのID、パスワード、取引パスワードの度忘れ、紛失
  • インターネット回線のトラブル

が考えられます。

ワタシはスマホが普及するまえに、インターネット回線のトラブルによって、インターネット取引ができなくなった経験をもっています。

そのときに感じたことが、今回の記事になっています。

このインターネット回線のトラブルによりインターンネット取引ができなくなった時間帯に、いい感じでお目当ての銘柄(株式)がさがってきて、

いまが絶好のかうじきであると判断されるときだってあることだってあるんです。

(ぎゃくに、所有している銘柄(株式)が急激にさがって、いまうっておかないと、損失がさらに拡大する恐れがあるっていうことだってあるわけです。が今回はふれません。)

 

そんなときに、証券会社のサーバートラブルが発生して、取引ができなくなることだって絶対無いとはいいきれないですよね。

機会損失です。

 

株式を取引できない時間をつかって、証券会社はサーバーのメンテナンスをしていることで、そのような不測な事態を回避、予防はしているはずですが。

そのような事態におちいっても、もうひとつ証券口座をひらいていれば、その機会損失を防ぐことができます。取引ができるんです。

さいごに

現在のワタシの投資環境は、日本株式の取引をおこなう証券口座をSBI証券ともうひとつもっています。FX口座についても、2つ口座をひらいて、格闘中であります。

インターンネット回線についても、自宅の光回線スマホ又はスマホテザリングをつかって2回線は確保しており万全をきしております。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。またの訪問を管理人はいつもお待ちしています。