24のブログ

サラリーマンです、個人投資家でもあります。テーマを絞っていくと、ブログ継続ができなくなりますのでいろいろ書いていきます

星の数ほどのブログの中から、ワタシのブログ訪問ありがとうございます

カブトムシ農家

ブログを読んでもらうとうれしいです

子どもの夏の定番イベントであるカブトムシ、クワガタムシ取り。息子が物心つくときからこのイベントにつきあいはじめて、知らぬ間にカブトムシの幼虫をふ化させることも初夏のイベントとして定着しつつあります。

f:id:sanketarecord:20170109120826j:plain

去年の夏に、捕獲したカブトムシからのプレゼント。つまりカブトムシの幼虫たちは順調に成長をとげております。この写真は5月23日の時点での様子になります。

f:id:sanketarecord:20170617101732j:plain

 この写真から見るに幼虫の状態です。まださなぎという状態になっておりません。通常カブトムシの成長過程は、

  1. 幼虫
  2. 成虫

この時点で幼虫は、蛹に変化するため、蛹室ようしつという部屋を作っているが分かります。白い幼虫の上に、黒く空洞ができているのがわかるでしょ?蛹の状態とは外見上では殆ど成虫の状態と変わりません。ただ色が白いんです。

今からしっかりとした足や角を形成しなくてはなりません。周りの木くずが成長の邪魔にならにように、蛹室という空間を木くずの中に作っているん。幼虫は誰からも教わることなく、本能的に作っている。すごいですね遺伝子情報って。

現在育てているのは、カブトムシの幼虫だけであります。クワガタの幼虫は持っていません。

先週のことですが、職場の外灯に集まってきたクワガタのメスを見かけました。クワガタとカブトムシの個体差はあるものの、我が家のカブトムシたちも成長するのも間もなくではないかと期待する今日このごろです。

sanketarecord.hatenablog.com

 

 

sanketarecord.hatenablog.com

 

 

sanketarecord.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。またの訪問を管理人はいつもお待ちしています。