24のブログ

サラリーマンです、個人投資家でもあります。テーマを絞っていくと、ブログ継続ができなくなりますのでいろいろ書いていきます

星の数ほどのブログの中から、ワタシのブログ訪問ありがとうございます

サーフでやめてほしい行為

ブログを読んでもらうとうれしいです

歩いて5分の距離に海があります。将来予測される南海トラフ地震による津波の恐怖にさらされています。

 ですが、普段の海はさまざまな恩恵があります。近所の海(砂浜)では、下記のような遊びをしていますわ。

  • 釣りができる
  • 浜遊びができる
  • サーフィンができる
  • 砂地上で走ったり歩いたりして、負荷をかけたトレーニングができる

なにかと海に行くことが多いのです。砂浜(海岸)は公共の場であり、原則ヒトの出入りは自由です。なかには迷惑行為をするヒトの姿も見かけます。

 

ワタシがサーフでこれはやめて欲しい行為を記事に書いていきます。

f:id:sanketarecord:20170315103018j:plain

ゴルフの練習

クラブの素振りだけならいいのですが、砂浜には、日中ゴルフのクラブと練習球を持って表れる50から60代の男性の姿がみられます。

 

クラブと練習球があるので、ここはゴルフ練習場(打ちっぱなし)のように練習球を打ってきます。練習球といっても硬い球です。

日中は、砂浜を散歩コースに使うヒトもいたり、サーフィンに来ているヒト、ワタシのように釣りをするひとが少なからずいます。

練習球がヒトに当たる確率は低いですが、当たらない確率はゼロではないんです。やっている本人は絶対練習球が歩行者に当たらないとでもおもっているのでしょうかね?

 

トラブルに巻き込まれたくないので、そんなオジサンの近くにはよらないようにはしていますが、是非とも止めていただきたい。

 

 

リードを外した犬の散歩

誰もいなだろーって、すぐにリードを外す飼い主。釣りをしていたら、いきなり足音が聞こえたと思ったら、次の瞬間に吠えられたりと。吠えられるのは勘弁だけど、咬まれるとかあり得ない!

 

ゴミ廃棄

花火の使用後の残骸、食べ残しなどやめてほしい。とくにここの砂浜には、ウミガメの産卵地。大きなゴミは砂浜に上がってくるときの障害物にもなるし、僅か小さいゴミでも、子ガメにとっては大きな障害物となりえる。

 

いつの間にか、近づき話しかけてくるオジサン

わたしもオジサンですが、釣りをしていると「なんか釣れましたか?、何が釣れるんですか?」...

急に背後に、いつも見かけるオジサン。こっちは返し針のついたルアーを投げているから、背後に立たれるとルアーをひっかけて危ないしケガをさせてしまう。 

こっちは、釣りに没頭したいのに、毎回このセリフを聞いてくるもんだから、

「本マグロ狙ってますけど、ぜんぜんつれないですわ」と見当違いな応答をしたら、相手は頭のおかしいやつと思ったのでしょう、以降話かけてくることはありません。

さいごに

あいにく、ワタシにはゴルフをする習慣がありません。今後もすることはたぶんないでしょう。

大人たちの行動を子どもたちは見ています。ヒト(他人)を変えることは難しいですが、自分自身は変えることができます。

この記事を書きながらワタシ自身、改めるところはないだろうかと考える今日この頃です。

広告を非表示にする

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。またの訪問を管理人はいつもお待ちしています。