24のブログ

40代のサラリーマンです。ふだんの生活をよりたのしく、そしてラクに生活できるようなことテーマにしていきます。生活を豊かにするための投資のこともかいていきます。

数多く存在するブログの中から、当ブログへの訪問ありがとうございます

千趣会から株主優待券が届いた、だから株式投資はやめられない

ブログを読んでもらうとうれしいです

 

こんにちは、いづれは配当金だけで生活していきたいと思っていますサラリーマンブロガーです。

株主優待券が届いた

長く株式投資を続けるには、大きな損失、マイナスを出さないことも必要。

さらに、ワタシにはパートナーがいますので、パートナーの理解と協力が必要。

パートナーの理解を得るために、彼女が気にいってくれるようなサービス(株主優待制度)を提供してくれる企業、投資先を選定しておくこともひとつの手段。

 

株主優待制度とは、投資先の企業から、配当金の他に、その企業オリジナルのプレゼントをしてくれる制度です。

プレゼントの内容は、食品やサービス券、グッズなどさまざまです。

今回は千趣会せんしゅかいという企業から株主優待が送付されました。

センシュカイ?と発音だけ聞いていれば、プロ野球関連の株式になるんですか?と言われそうですね。

千趣会はカタログ通販で名前をお聞きしたことがあるのでは?

ベルメゾンを運営している企業になります。

もちろんこんな時代にカタログ通販しかやっていなよっ!といことはありません。

ちゃーんとインターネットショッピングも手掛けております。

 

 

f:id:sanketarecord:20160908120627j:plain

株主優待の内容

ベルメゾンのカタログ、インターネットショッピングでのお買い物券2000円分を頂きました。

この企業の場合ですと、年に2回今回のような優待券をプレゼントしてくれます。

このお買い物券はベルメゾンのカタログ内、インターンネット上の商品の購入費にあてることができる金券であります。 

さっそくパートナーが、ベルメゾンネットを開けて商品を購入していました。2000円の値引きに満足して喜んでいました。

シメシメ、当分の間、投資活動に協力が得られそうです。

 

さて今回の場合ですと

株式の名義はワタシで、優待券もワタシ宛にきております。

ですが、

パートナーのベルメゾンのインターネットショッピングアカウントでも優待券を使うことができます。

優待券宛の名義人とサイトアカウントの登録名が同一でなくても使えるようですので、

本人や家族が使う予定なければ、親兄弟にプレゼントできるようですね。

中にはこの券を売買しているヒトもいるんではないでしょうか? 

 

 

 

sanketarecord.hatenablog.com

 

 

 さいごに

千趣会というよりベルメゾンの方が社会的に認知度が高いと個人的に感じています。

カタログで買うヒト、インターネットで買うヒトどっちがおおいんだろうかあ?なんて思う今日この頃です。 

 

sanketarecord.hatenablog.com

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。またの訪問を管理人はいつもお待ちしています。