読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

24のブログ

サラリーマンです、個人投資家でもあります。

星の数ほどのブログの中から、ワタシのブログ訪問ありがとうございます

クロネコヤマトにちゃんと電話します

ブログを読んでもらうとうれしいです

時間節約のためにインターンネットショッピングを利用しているサラリーマンブロガーです。インターネットで買い物をするということは、必然的に商品を受け取るために宅配業者が間に入ってきます。

f:id:sanketarecord:20161110130925j:plain

宅配業者をついつい比べてしまう

宅配業者といえばワタシはクロネコヤマト、佐川急便を連想します。例えば前記のような大手の業者は、配達先が不在であれば不在連絡票をポストへ投函とうかんしてくれます。連絡票には再配達のためのドライバーの携帯電話、インターネットでの再配達の手続きの手順が表記されています。

でも、よく家に配達するクロネコヤマトは、こちらから再配達の連絡をいれなくても、またひょこんと訪問して商品を配達してくれます。ドライバーさんには申し訳ないけど、こちらから連絡しないでも、ガンガン再配達をしてくれる感じがあります。

ワタシのようなズボラな人間には有り難いことです。それは早くお客様に配達の品物を送り届けるという使命感があるからなのでしょうか?

クロネコさんには何度も足を運ばせて、ごめんなさい。

 

もうひとつの配達業者の大手を忘れていました。日本郵政です。日本郵政も、ゆうパックというサービスを行っています。商品の配達をやっていますよね。

ゆうパックの場合、配達先が不在であれば、先ほどの業者業者のように不在連絡票をポストに投函してくれます。連絡票にかいてることも、先ほどの場合と同じです。

ただ不在連絡票をいれたあとは再配達を業者側から行うことは少ない感じがあります。業者側からすれば空振りをするよりは、お客様から連絡があって配達したほうが効率はいいですよねえ

ゆうパックは連絡を入れない限り持ってきてはくれないような感じを受けます。ワタシの地域だけなのでしょうか?

クロネコヤマトか佐川急便で

インターネットで商品を購入したときに、配達業者を選ぶことができる場合があります。

ずぼらな性格なワタシですので、何回も再配達をしてくれるクロネコさんの方が好印象を持っていますので、商品が安いだけでなく宅配業者はどこの業者を利用しているのかという点も考慮して買っていました。

クロネコヤマトに関して言えば、クロネコメンバーズにワタシ登録しています。

クロネコメンバーズに登録してお届け予定eメールのサービスを設定すれば、発注品の発送、配達状況を把握することができます。

前回青森県産のリンゴを注文したときに、五所川原ごしょがわら営業所にありますとの状況がアカウント画面で把握できました。五所川原ってきいたことあるけど、ほんと遠いところからリンゴはやってくるのだと実感させられました。

個人的な感想ですが、発注品の状況がどうあろうと気にはしないほうなんで、ふーんそんなもんかと眺めていました。無事届けばいい話です。

企業が提供するサービスは、同業者に負けないように差別化するためのサービスであったり、消費者からの声を拾い上げて作られたサービスであったり。企業側の事情があるのでしょう。

 

ワタシは配達業に従事したことがないので、客観的な考えかもしれないですが、新なサービスをするということは、従業員のやることが増えていると考えています。消費者にとってはいいでしょうが、従業員としてはどうなんでしょう。

過度なサービスや過度の要求は、従業員を疲弊させます。疲弊すれば青森のリンゴが九州でなかなか食べられなくなるなんて話にもつながってくると、極端な話ですが。クロネコヤマト、佐川急便のセールスドライバーをいたわりましょう。

再配達の電話をきちんとします

今までワタシが、不在連絡票があるのにもかかわらず連絡を忘れがちだった行為は改める必要があるようです。せめて消費者側として従業員さんを疲弊させないようにするには、やっぱしきちんと再配達の電話をしなきゃいけないなあと決意した今日この頃です。

アクセスありがとうございます。