24のブログ

サラリーマンです、個人投資家でもあります。テーマを絞っていくと、ブログ継続ができなくなります。のでいろいろ書いていきます

星の数ほどのブログの中から、ワタシのブログ訪問ありがとうございます

LED電球、トイレの電球をLED電球に交換してみた。

ブログを読んでもらうとうれしいです

うちの子ども暗がりが苦手です。

まあ得てして子どもは暗がりを好まないと思うんですが。

怖がりなもんですから、暗い部屋、とくにトイレに行くときに、ワタシやパートナーに用事が済むまで付き合えと言ってきます。

かわいいもんです。いつまでこんなこといってくれるんでしょうか?

f:id:sanketarecord:20160502175607j:plain

 

毎回この暗がりに付き合うというわけにはいきません。いっそう部屋を明るくすればいいのではという発想に進展しました。

 

電球をLED電球に交換してみた

今回はトイレの電球を交換。

以前ついていた電球(100V/11W)から、LED電球40W相当のものに付け替えます。

白熱球や蛍光灯での明るさの表記はw(ワット)表示ですが、LED電球の明るさ表記はlm(ルーメン)表示です。

ルーメンは光の量表す単位になります。

 

これはLED自体が消費電力が少ないこともあって、比較パラメーターとしてふさわしくないからなのでしょう。

ワットに替わってルーメンを採用しています。ワットが大きくなれば明るいという判断できます。ルーメンでも同じ事です。

明るくするというのが目的になりますので、現在の10wのものから40w相当の物へアップしました。LED電球にはルーメン表示だけでなく何ワット相当という馴染みのふかい表記も併記しています。ルーメンの表記がとっつきにくいヒトでも安心です。

 

 

電球の受け口のことを口金くちがねといいます。

口金にはいくつか種類があります。今回はE26というのは、電球のスクリュー部分の直径が26mmになります。他にはE17、E11というサイズもあります。それぞれ17mm、11mmという意味になります。

Eの表示はEdisonscrew(エジソンスクリュー)の意味です。あの有名なエジソンからきているんでしょう。

 

今回交換したLED電球は消費電力が約5wになります以前の電球の11wになります。

単純計算で消費電力が半分になり明るさは4倍になりました。

価格も家電量販店で購入し400円程度のお値段です。

トイレは明るくなったが、ひとつの弊害へいがい

LED電球に交換して、トイレは明るくなりました。

でもひとつだけ弊害が。

それは

就寝後の深夜にトイレに行った場合です。

眠気眼ねむけまなこにいきなりトイレの電気を付けると、チョーまぶしいです。

たいして明るくもないけど、それほど暗くもないっていう、光のさじ加減は、深夜対策だったのでしょうか?

と実感する今日この頃です。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。またの訪問を管理人はいつもお待ちしています。