24のブログ

サラリーマンです、個人投資家でもあります。

星の数ほどのブログの中から、ワタシのブログ訪問ありがとうございます

太陽光、太陽光をコントロールできるヒトになりたい

ブログを読んでもらうとうれしいです

こんにちは、自分の家を新築でたてようなどとは一切いっさい考えていないサラリーマンブロガーです。

現在は一戸建ての借家に住んでいます。結婚してから現在の住まいまで2回引っ越しをしております。隣近所の人間関係は良好なんです。ですが最近隣の空き地に住宅を建設する計画が浮上ふじょうしてきたんですよ。

f:id:sanketarecord:20161110130925j:plain

宅建設にともなう我が家の影響

隣といっても正確には南東側の空き地になります。先日施工業者せこうぎょうしゃが訪問してきてその事実を知りました。しかも新築住宅は2階建て。

方角と2階建てということから勘案して、今後一層日当たりが悪くなることが明白。先ほども書きましたが、隣近所のカタはいいヒトたちばかりでモメタことなどありません。ただ日当たりは少し悪かったんです。

 

どれぐらい日当たりが悪いかというと、南向きの部屋に日があたる時間は日の出から午後2時ぐらいまで。洗濯物を庭に干しますが日が十分あたるのが、だいたい午後2時ぐらいまでになります。

 

新築住宅ができることにより、現在より南向きの部屋や庭に日が差し込む時間帯が大幅にカットされることが予想されます。

 

日陰を作ることは簡単にできるが、日向ひなたは簡単に作ることはできない

 今回のことで実感したことです。洗濯物にあっては日当たりがいいに決まっています。

住む人間にとっては、特にこの寒い時期に日が差し込むことは、断然部屋は暖かくなります。

条件よっては暖房を使わずに済みますので光熱費も大きく変わってきます。

日当たり状況はバカになりません。

 

夏の暑い日差しに対しては遮光ネット、よしずなどで日陰を作ることができます。

 

今回のように他人が家を作るなどして太陽光をさえぎるなどされると、個人の力で日当たりをよくすることは不可能に近い。

今回の一件で、日当たりをコントロールするにあたって日陰は個人でつくることができるが、日向は個人の力でつくることは限界があることを痛感しております。

都会のように住宅密集地であるならば、事情により諦めもつきます。だがここは田舎であります。田舎にいながら日照の恩恵を享受きょうじゅできないのは、どうも合点が行かない気持ちになります。

ワタシの場合ですと、現在借家ですので、どうしても日当たりが悪いのが気に入らないということになれば、引っ越しをすることで改善ができます。

持ち家の場合で太陽光発電システムを屋根に装備している家庭はどうなんですかね?

 

f:id:sanketarecord:20160827143847j:plain

さいごに

新しい家は着々と作られていきます。我が家は海に近いし今後発生が予想される地震により津波被害が懸念される地域です。引っ越すにはいいタイミングなんでしょうか。

アクセスありがとうございます。