24のブログ

サラリーマンです、個人投資家でもあります。テーマを絞っていくと、ブログ継続ができなくなりますのでいろいろ書いていきます

星の数ほどのブログの中から、ワタシのブログ訪問ありがとうございます

セルフメディケーション税制を利用しよう

ブログを読んでもらうとうれしいです

今年は、ドラッグストアで購入した、市販薬(OTC医薬品)のレシートを必ず保存しておくように、決心した地方サラリーマンブロガーのデス。

f:id:sanketarecord:20160420232545j:plain

 

2017年の1月からセルフメディケーション税制が始まります

 セルフメディケーション税制とは、

一年間の市販薬(特定成分を含んだOTC医薬品)を購入した金額が、12,000円(上限88,000円)を超えた場合に、そのオーバーした金額について、総所得合計金額等から控除することが、できるようなるようです。

 

セルフメディケーション税制を受ける条件

セルフメディケーション税制を受けるには、条件があります。

  1. 市販薬(特定成分を含んだOTC医薬品)を購入した金額が、12,000円を超えること
  2. 病気を予防するために一定の取り組みを行っていること
  3. 税金の滞納がないこと(所得税、住民税)

 

この条件をクリアできるか

1年間の市販薬の合計が12,000円を超えるかどうかは微妙ですが、扶養する家族の分も含めていいようです。

ただ、今回の税制では、従来の医療費控除の100,000円を超えるという条件よりは、ハードルが低い感じです。

購入した市販薬が、セルフメディケーション税制の恩恵を受けるかどうかは、パーッケージに表示されていたり、

受け取ったレシートに、表示されている場合があります。

ドラッグストアーによってはセルフメディケーションの恩恵を受けることができる市販薬の一覧を展示しているようです。

 

 

病気を予防するために、一定の取り組みには、例えばインフルエンザの予防接種をしたり、あとは、人間ドックなどの検診をうけることなどが該当するようです。

 

ワタシの場合は、毎年インフルエンザの予防接種をうけているので、この条件はクリアできそうです。

 

税金の滞納については、無いのでクリアできそうです。

 

確定申告が必要

条件に合致しても、待っているだけでは、この恩恵をうけることはできません。

確定申告の必要です。

サラリーマンにとって確定申告は縁が少ないですが。

ワタシは、ほぼ毎年確定申告しています。

最近はネット上で書類作成も簡単に出来ます。

ワタシもネット上で書類作成し税務署に提出しております。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。またの訪問を管理人はいつもお待ちしています。