24のブログ

サラリーマンです、個人投資家でもあります。テーマを絞っていくと、ブログ継続ができなくなります。のでいろいろ書いていきます

星の数ほどのブログの中から、ワタシのブログ訪問ありがとうございます

プラレール、トーマス機関車を買うのであれば

ブログを読んでもらうとうれしいです

こんにちは、今年も子育てを、頑張りたいと思っている、サラリーマンブロガーのサンケタです。

子どもたちが、よくあそんでいたのに、今は、メッキリ遊ばなくなった、玩具がいくつもあります。

そのひとつにプラレールがあります。

今回の記事は、幼い子どもをもつかたへ、プラレールを購入する場合に、頭のスミにいれて置いてほしい内容となっています。

f:id:sanketarecord:20160319091708j:plain

 

プラレールとは

タカラトミーという玩具メーカーが製造している機関車、電車の玩具です。

レール、踏切、トンネル、駅舎などの様々なパーツを組み合わせて、オリジナルの線路を作って行きます。

その線路に、新幹線、機関車、電車を走らせて遊ぶ、幼児向けの玩具です。

この玩具で遊んで将来、鉄ちゃんへと成長してくのでしょう。

レールを走らせる、列車には、新幹線の◯◯系、SL、ご当地を走る特急(例えば、つばめ)、

アニメの機関車トーマスに車輛など豊富に種類があります。

各車輛は、電池を接続し、搭載しているモータを回転させ、走行します。

 

久しぶりにプラレールであそんでいた

ウチの子どもは、鉄ちゃんにはなりそうもありません。

先日、そのプラレールを引っ張り出し遊んでおりました。

でも、機関車トーマスのゴードンとヘンリーが、全く動きません。

もちろん電池は充電されたものを使っております。

 

ゴードン、ヘンリーと他の車両の決定的な違い

 

先ほど、書いたように車両にはモーターが搭載してあり、電池を接続して走ります。

殆どのプラレールの車両は、一台の車両に、モーターと電池をハメ込む部分がパッケージされています。

でも

ゴードンとヘンリーは別々なんです

f:id:sanketarecord:20170109165246j:plain

緑色のものがヘンリー機関車になります。

写真の左側が、モータが載っている車輛。

写真の右側が、電池を接続する車輛。

そのふたつの車輛を連結する黒い部分には、配線が組み込んでいます。

この黒い部分は取り外しができません。

常につながっています。

 

走らなくなった原因

 

原因は、連結部分である黒い部分の中にある配線が断線したためでした。

 

子どもの玩具には適正年齢なるものが表示されています。

プラレールの適正年齢を確認しては、いないのですが、買い与えた時期が、わが家の場合早かったようです。

ウチの子どもたちは、扱いが決して丁寧とはいえない。

プラレールのゴードン、ヘンリー機関車は、動きや取り扱いによって、この黒い部分に大きな負担がかかります。

保管方法も、わが家のように、レール等と車輛をひとつのケースで行うスタイルであれば、そのポジションにより、黒い部分に大きな負担を強いてしまうんです。

 

プラレールの購入を検討されるかたへ

 

  • ゴードン、ヘンリー機関車の様な連結タイプの物は、保管方法を考慮する。
  • 子どもの普段の玩具の取り扱いを考慮してプラレールを購入をするか判断する。
  • 車輛は連結タイプでないものにする。

 上記のことを参考にしてはどうでしょうか?

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。またの訪問を管理人はいつもお待ちしています。