24のブログ

サラリーマンです、個人投資家でもあります。テーマを絞っていくと、ブログ継続ができなくなりますのでいろいろ書いていきます

星の数ほどのブログの中から、ワタシのブログ訪問ありがとうございます

ハーフマラソンを勘違いしたお話

ブログを読んでもらうとうれしいです

こんにちは、サンケタです。半径10km以内に美しい海、川そして山に囲まれた、自然豊かな九州の田舎町でブログを書いております。

 

ひごとに、寒さが厳しくなっております。トランプショックで懐も一段と寒くなっておりますが。

今回は子どもの勘違いの話です。

ロードレースに出場予定です

f:id:sanketarecord:20160321071015j:plain

ワタシではなくて。男の子軍団。小学生の息子2名が県内で行われるハーフマラソン大会にエントリー。

 

大会の名前には、ハーフマラソン大会と銘打っていますが。もちろん小学生ですからハーフマラソンは、走りません。

一般的なハーフマランン大会は、種目(距離)はハーフマラソンだけでなく、年齢や学年そして性別に応じて、2km、3km、5km、10km、親子マラソンなど用意されています。

 

小学生には、学年に応じた距離を設定していますので。2kmか3kmという短い距離です。

 

子どもには、正式な大会の名前をおしえていなかったんです

子どもには、3kmのロードレースに出るとは、話ていたのですが、大会の名前は教えていなかったんです。

〇〇ハーフマラソン大会という、正式な大会名を。

 

子どもが勘違いしたハーフマラソン

大会にエントリーすれば、大会の前日までに、エントリーを証明するハガキが自宅に届きます。

わがやにも届いた、エントリーを証明するハガキが届きました。

 

子どもに、そのハガキを見せたました。

ワタシ「おーい、〇〇ハーフマラソン大会のエントリーのハガキが来たぞ、練習しと

    けよー!」     
上の子「おれハーフマラソン出らんよ!」

ワタシ「なんで??」

上の子「俺の父ちゃんと母ちゃん日本人だから、ハーフマラソンは出れないよ!」

ワタシ「なるほど」

 

なんと、エントリー数の少なそうな大会でしょう!!

 

さらに下の息子にも、ハガキを見せました。

 

ワタシ「おーい、〇〇ハーフマラソン大会のエントリーのハガキが来たぞ、練習しと 

    けよー!」

下の子「おれハーフマラソン出らんよ!」

ワタシ「なんで??」

下の子「俺は、男だよ。(ニューハーフではないという意味だったようです)」

 

そう来ましたか。

 

完走した、選手の顔が汗で、えらいことになりそうな大会ですなあ。

 

当然のようにハーフマラソンという言葉を使って話したのですが、子どもにはハーフの意味を勘違いしていたようです。

 

おもしろい回答に、彼女と大笑いしたところです。

 

てけてけ。 

 

 

 

広告を非表示にする

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。またの訪問を管理人はいつもお待ちしています。