読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

24のブログ

サラリーマンです、個人投資家でもあります。

星の数ほどのブログの中から、ワタシのブログ訪問ありがとうございます

松江城に行ってみた、ワタシが無理をしてまで城めぐりをするワケ

生活 つぶやき

ブログを読んでもらうとうれしいです

こんにちは、サンケタです。半径10km以内に美しい海、川そして山に囲まれた、自然豊かな九州の田舎町でブログを書いていております。

お城めぐりをするのが大好きです。

 

先日、松江城に行ってきました。

住んでいるところから、松江市まで、車で約8時間かかりました。

https://www.instagram.com/p/BLZ0qa_DCtZ/

松江城現存天守閣の12城のうちの、ひとつであります

松江城は、1611年に、当時の島根県にあった松江藩を統治していた、堀尾吉晴ほりおよしはるという、お殿様が建築したお城であります。

 

なぜ今回、このお城に行ったかというと、日本では数少ない、昔のままの姿の天守てんしゅかくがあるお城のひとつだったからです。

このお城、単純計算で400年も存在し続けているんですよ。それだけですごいとおもいませんか??

 

松江城は、平成27年7月8日に国宝に指定されました。以前は重要文化財の指定を受けていたのですが、平成24年5月に、松江城を築城した年を裏付ける証拠となる祈祷札が発見されたことにより、ランクがあがりました。

 

天守閣とは、お城の中で、階層や規模の大きい建物であります。

 

現存天守げんぞんてんしゅかくとは、安土桃山時代や江戸時代に、お殿様が、お城を建築します。その時に天守閣も建築します。

 その時の姿のまま、建築当時のまま、現在までその姿を保っている天守閣のことを指しております。

 

日本にある現存天守閣は先ほど書いたように、12城あります。

 

北から紹介と言うところですが、このブログではあえて南から紹介します。

現存天守閣12城

 

お城によっては、天守閣は復元しているけれど、城門ややぐら等の他の建築物は、建築当時のままの姿を残しているお城も、もちろんあります。

九州でいえば、熊本城なんかはそのたぐいです。天守閣は、鉄筋コンクリート造りで再建されたもですが、櫓は当時のままの姿をのこしております。

 

なるべく早く、現存天守閣が存在する12城を訪問したいんです

今日現在で現存天守閣が存在する12城のうち、4つのお城を制覇しました。今回の松江城高知城松山城丸亀城です。

 

何故早く訪問したいのかという大きな理由は、先の熊本大震災で被災した熊本城の姿を見たからです。

お城巡りを趣味とするモノとしては、大地震で被災した、熊本城の天守閣や宇土うとやぐら(重要文化財であり、当時のままの姿を残している)等の姿を見ればココロが痛みます。

現存天守閣12城は、歴史的にも価値のあるもので、それを裏付けるように、すべて国宝や重要文化財の指定を受けております。姫路城にあっては、世界遺産にもなっております。

行政機関が大事に管理しておりますが、

 

お城も大地震には、かなわない

 

もちろん、木造なんで火災があれば燃えるだろうし。いまある天守閣も永遠に存在する保障はどこにもないと思えてならないからです。当時のままの姿なので、耐震化をしているとは思えないし。

 

九州から遠いなあ

あと8城残っておりますが、予算と休みをやり繰りして、一日でも早く訪問したいもです。

アクセスありがとうございます。