24のブログ

サラリーマンです、個人投資家でもあります。テーマを絞っていくと、ブログ継続ができなくなりますのでいろいろ書いていきます

星の数ほどのブログの中から、ワタシのブログ訪問ありがとうございます

三井住友信託銀行からお手紙ついた、だから株はやめられない

ブログを読んでもらうとうれしいです

こんにちは、サンケタです。半径10km以内に美しい海、川そして山に囲まれた、自然豊かな九州の田舎町でブログを書いていおります。

 

銀行からのお手紙

株をやっております。いいことも、悪いことも経験しました。でもいいことのほうが多いから続けております。

f:id:sanketarecord:20160908120627j:plain

 

株を保有しているカタならわかるとおもいます。年に最低でも2回程、保有する銘柄めいがら(株式会社)から、お手紙がきます。『株主総会の案内』、『配当金計算書はいとうきんけいさんしょ、、配当金通知書はいとうきんつうちしょ』などなど。

ワタシが保有している銘柄は、アタマの中で把握しております。

例えば、日産自動車からなんらかの手紙がきても、ああー保有しているからねえなんてすぐに、その意味がわかります。

でも今回は少し違う。

三井住友信託銀行からお手紙がきた

三井住友トラストホールディングの傘下になるこの、三井住友信託銀行。ワタシこの三井住友トラストホールディングは保有しておりません。

 

もしかして、何らかの督促状や催告状が入っているのかと、恐る恐る開封。

 

配当金送金依頼書であった

初めての経験。配当金送金通知書なるもでした。ご丁寧に手紙も同封されとりました。

 

手紙によると、

九州電力株式会社の第88期(平成23年度)の中間配当金を、あなたはまだ受け取っていませんよ。配当金の支払い期限は規定により、5年間と定められていて、期限を過ぎるとお支払いできませんので、はやめの手続きを。

と配当金の受け取りを促す手紙でした。

以前、保有していた銘柄の配当金をまだ受け取っていなかったようです。

現在、配当金の受け取りは、直接自分の口座の方に、振り込まれます。

しかしつい最近までは、封筒の中に、配当金郵便振替支払通知書といのが同封されておりました。

それに押印して、郵便局にもっていって直接配当金を受け取っておりました。なんか小遣いをもらう感覚で、ワタシはすきだったんです。

今回このようなことは初めての経験で、受け取っていない配当金を、わざわざおしらせしてくれるのですね。ほんとありがたい。

銘柄が多くなると、管理が甘くなりがち

現在10銘柄以上所有しております。

平成23年のころは、現在以上に保有しておりました。先ほど書きましたが保有しているだけで一年に株主総会の通知書や期末、中間配当金通知書株主優待券など、1社から平均3~4通の封筒が届きます。

例えば25もっていれば、単純計算で100通の封筒が届きます。

かなりの量です。

一通づつ確認作業をしますが、他の郵便物も混ざりますので、間違って配当金計算書、配当金通知書を紛失していたようです。

しかも、どの会社も同じ時期に封筒が届きます。今回漏れがあったようです。

平成23年の九州電力の株価

平成23年の、九州電力の株価は、チャートでの概算で2000円ぐらい。10月7日の終値、つまり最終的な株価は902円。

ご存じのように、この年の3月に東北大震災が起きました。

ディフェンシング株といわれた、電力株も、これ以降、様相が変わりました。

ディフェンシング株とは、生活に切っても欠かせない商品を提供していて、あまり世の中の景気に左右されにくい、安定的な株価や経営をしている銘柄とでもいう感じです。

ワタシは、そう理解しています。

株式投資はやめられない

今回の配当金は約3000円です。3000円稼ぐのは大変です。あがたくお米代に使わせてもらいます。

思いがけない臨時収入、株式投資はやめられませんなあ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。またの訪問を管理人はいつもお待ちしています。