24のブログ

サラリーマンです、個人投資家でもあります。テーマを絞っていくと、ブログ継続ができなくなりますのでいろいろ書いていきます

星の数ほどのブログの中から、ワタシのブログ訪問ありがとうございます

映画館、映画館で映画をみることは、もうないかもしれない

ブログを読んでもらうとうれしいです

こんにちは、サンケタです。半径10km以内に美しい海、川そして山に囲まれた、自然豊かな九州の田舎町でブログを書いていおります。

今年の夏休みの期間中に、自宅から一番近い映画館に、ワンピースの映画がやってきました。家族でワンピース大好きなので当然のように、映画を見に行きたいと彼女を筆頭として、子どもたちは見に行きたいと見に行きたいというんです。

 

でも

 

ワタシは、わざわざ映画館に行って映画をみることにメリットがあるとはとても思えません。

映画館に行くことのメリット

 f:id:sanketarecord:20160827143847j:plain

あの大画面は、とても家庭では太刀打ちできません。家庭用プロジェクターは持ち合わせていませんが、家庭用プロジェクターを持っていたとしても映画館には敵わない。臨場感ってやつですか?

映画館にワタシはいく意味が持てない

今回上映されている作品も、いづれ地上波で初登場!!とテレビでも放映されるだろうしブルーレイやDVD商品も販売されるだろう。この時期に見ないと不利益が生じるということが無い。今回みようとしている映画にも今見なければならないという理由が見いだせない。

決して近所にある映画館ではなく、わざわざ車で足を運び映画館までいくのだが時間もかかる。

 

映画には、自分の考え方を改めるキッカケとなったり、自分を見つめなおすきっかけになったりなど、考えさせられます。新しい考え方も備わり、見ることには大いに賛成です。

でも、ワンピースの最新映画を見れずに例え明日、死んでしまっても、遺言に、『ワンピースが見たかった』なんて言わないだろうし、思いもしないだろう。職場で映画の話題が出てついていけなくなるかもしれないからと、悩むこともないし。

 

時間とお金の節約

以前、週刊ジャンプを購入して、ホットなワンピースを常に見ていたが、我が家では、しっかりと単行本も全巻そして、最新刊がでれば勿論購入していた。よく考えてみれば、いづれ単行本を買うのだから、すぐにホットなワンピースの情報を入れておかないと困るわけではないので、週刊ジャンプの購入は止めた。考えてみればもったいないことをしていた。

 

なんだかそれと似ている。

 

映画の料金を家族分を支払いながら、これだけのお金があれば、他のものが買えるなどどついつい考えてしまう。

 

ワタシにとって、

映画を見ることは投資であり、映画館に行って映画をみることは消費とうい位置づけのようである。

 

最後に

子どもがいるうちは、せがまれれば連れていくこともあるかもしれないが。ワタシの意思で映画館に行って映画をみるということはもうないかもしれないなあ。映画館はどうやって生き残っていくのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。またの訪問を管理人はいつもお待ちしています。