読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

24のブログ

サラリーマンです、個人投資家でもあります。

星の数ほどのブログの中から、ワタシのブログ訪問ありがとうございます

トライアスロンでのウエットスーツ着用について

つぶやき ランニング

ブログを読んでもらうとうれしいです

こんにちは、サンケタです。半径10km以内に美しい海、川そして山に囲まれた、自然豊かな九州の田舎町でブログを書いております。

 

ヒューマンエラー

ヒトは時としてヒューマンエラーを起こします。ワタシもです。このブログに訪問してくれる読者のカタも。みんなヒューマンエラーを起こします。

 

f:id:sanketarecord:20160926070120j:plain

日本の社会では、ヒトはヒューマンエラーを起こすという前提で、様々何重の安全策を施しています。例えば自動車の自動ブレーキシステムなどが、ありまよね。

 

トライアスロンでの事故

トライアスロンでの事故といえば、スイム競技中の事故をよく耳にします。9月26日に行われた、横浜市トライアスロンの大会で58の男性が、スイム競技中に、息継ぎをしていない状態を発見し、搬送先の病院で死亡が確認されたというような内容です。

 

この表現だと顔を下にした状態で動きが無く浮いていたんでしょうか?

浮いた状態であれば、気づいてから、患者さんを、ボートに引き上げるまで、さほど時間はかからないと思います。

ボート上に心肺蘇生法しんぱいそせいほう(マウストゥーマウスの人工呼吸と胸骨圧迫きょうこつあっぱくの組み合わせ)や応急処置をしながら、陸へと進むことができるでしょう。

 

でもいつも浮いているとは限りません、患者さんが沈むことだって十分にあるでしょう。そうなれば、患者さんが浮いていた場合よりさらに、ボートび引き上げるまで、ボートから陸に移動して救急車に収容するまで、時間がかかります。

 

ワタシは、海や川で溺れることについて詳しいわけではありません。イメージとしては、なんらかの体の中でハプニングがあって溺れそうになって、しばらくして、沈んでしまう。という感じでしょうか?

 

今回の事故でお亡くなりになった58歳の男性は、浮いている状態で息継ぎをしていなかったという表現でかかれていました。浮いている状態で発見されたということは、なんらかの浮力がかかっていたと思われます。たぶん、このカタはウェットスーツを着用していたのでしょう。

 

トライアスロンでのウェットスーツ着用について

20年前に一度だけ、トライアスロンに出場したことがあります。そのときのスイムでは、競泳用のパンツタイプのものを着用して泳ぎました。20年前のことなので、当時の要綱は覚えていませんが、競泳用のパンツタイプで問題無かったんでしょう。

 

現在のトライアスロンの主要な大会では、スイムでのウエットスーツの着用を義務付けている大会もあるということですが、大会によっては、義務付までおこなっておらず、ウェットスーツの着用を推奨するに留めている大会もあるようです。

 

ウエットスーツを着用してるからといって、沈みにくいだけで、死亡事故は防ぐことは、できません。 でも、水難事故では、浮いている場合、沈んでいる場合では、救助者きゅうじょしゃ(溺れているヒトを助けに行く日ヒトのこと)が、傷病者(しょうびょうしゃ:溺れてしまったヒト)に接触する時間が全然違います。

 

救助者が、傷病者に接触する時間が違うということは、最悪なんらかハプニングがあって、傷病者が 心肺停止状態しんぱいていしじょうたい(呼吸も無く、心臓の拍動も無く脈が触れない状態)であった場合に、救命できる可能性が大幅に変わってきます。

 

通常、ヒトが心肺停止状態しんぱいていしじょうたいになって、救命できるかは、バイスタンダー(近くに居合わせたヒト)が一秒でも早く心肺蘇生法しんぱいそせいほうとAED(自動体外式除細動器じどうたいがいしきじょさいどうき:心臓に発生する致命的な不整脈を取り除く機器のこと)の処置を始めるかどうか、時間が問題になってきます。(もちろん例外もあるのですが)

ウェットスーツを着用するか着用しないかでは、救命できる可能性が、大幅に変わることが予想されます。

 

大会側も、大会のイメージに影響がでないよういするためにも、ウェットスーツの義務化を積極的に検討してもいいのでは?

ウエットスーツは決してお安いものではないですが

ウェットスーツは、安価のものではありません。ビギナーがウェットスーツを買うことは、今後競技を続けるかわからないで、障害が高いですが。

なんなら、ライフジャケットを付けて泳いでみてもいいのではないでしょうか?でも泳ぎにくそうでね。  

持病がある人やスイムに自信が無いヒトは、保険と思って。検討してもいいのでは。

 

 

 

 

アクセスありがとうございます。