読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

24のブログ

サラリーマンです、個人投資家でもあります。

星の数ほどのブログの中から、ワタシのブログ訪問ありがとうございます

単位の話、単位がいまいち頭に入ってこない

ブログを読んでもらうとうれしいです

こんにちは、サンケタです。半径10km以内に美しい海、川そして山に囲まれた、自然豊かな九州の田舎町でブログを書いております。

 

今回は、いまいちわかりきれない、単位の話。ここで話す単位は容量、面積、長さ、重さの単位の話で、とくに大学の進級や卒業に必要になる履修科目の単位ではありません。

f:id:sanketarecord:20160914161608j:plain

子どもが習ってくる単位

なんか毎年のように子どもからきくんだけど?

息子:『お父さんーー1デシリットルは、何リットル??』。

 

ワタシ:『算数の教科書に書いてあるだろ?』

 

息子:『めんどくさいからおしえてー!!』

 

もう何回この会話をしたんだろうか?

子どもが習ってくる容量、容積の単位で、これあまり使わないな、見かけないなあというのが、㎗(デシリットル)。

 

1ℓ=10

 

でも普段の生活では見かけることはないと思う。スーパーなどに売られている牛乳の単位は1リットルの表記か1000mℓの表記のものを見かける。清涼飲料水では1リットルとか2リットルの単位の表記、もしくは500mlである。牛乳の5デシリットル(500ml)パック、コーラの3.5(350ml)デシリットル缶なんて見ない。

普段、見ることがないから理解できていない。

 

約30年前にも、確かに算数の授業でデシリットルの単位を習ったとい記憶を残っているが、1リットル=10デシリットルというのは、全く覚えていない。

 

さきほど書いたような、会話を毎年のようにしているが、いつも、ググったり教科書を調べているが記憶にのこりません。使わない筋肉は衰えていくように、ヒトは使わないものは記憶に残らないという象徴のような単位であります。

 

年配のカタと話しているときによくきく単位

先輩方に、畑や田んぼの広さを、聞くと、たいがい、3反とか3町とか回答が返ってくる。こちらはデシリットルよりさらにわからない。長さや重さっていうのはイメージしやすいが、面積なるものは非常にわかりにくい。反、町、㎡の関係は以下の通りである。

1町(ちょう)=10反(たん)

1町(ちょう)≒9917.36㎡/

ワタシが農業に関わっている仕事をしていないし、畑も所有していないので全く頭に入っていない。付け加えるならば、坪という単位も、家を所有していないので全く頭に入っていない。

町(ちょう)という面積を表す単位は、長さの単位でもあります。

1町(ちょう)≒109m

 

忘備録的に書いてみたが、すぐわすれるんだろうなあ。

 

この記事を書きながら反町隆志さんを思い出した。反町という名字であるが、どちらも面積を表す単位で構成されている。大地主なんでしょうかねえ?

 

 

アクセスありがとうございます。