24のブログ

サラリーマンです、個人投資家でもあります。テーマを絞っていくと、ブログ継続ができなくなります。のでいろいろ書いていきます

星の数ほどのブログの中から、ワタシのブログ訪問ありがとうございます

熱中症 高齢者がなぜ熱中症になりやすいのか考えてみた

ブログを読んでもらうとうれしいです

こんにちは、サンケタです。

介護の仕事をされている方と、仕事柄よくおしゃべりをします。介護の現場で働いているヒトの中には、要介護者である高齢者のカタの、何気ない仕草や会話の中で可愛いと思う瞬間があるようでして、それが一つの仕事をやり続けるモチベーションの一つになっているようです。

残念ながらワタシには、そのような感覚が生まれません。でも自転車にのって移動している高齢者のカタの中に、帽子をかぶっているヒトがおりますが、そのヒトが飛散防止のために、アゴにゴムを掛けている姿を見ると、少し可愛い感覚を受けてしまう今日この頃です。

 

f:id:sanketarecord:20160420232545j:plain

高齢者の装いと部屋の環境

高齢者のカタを見ていると、なんでこんなに暑いのにこの装いなんだとか、なんでこんなに暑いのにクーラーつけないんだろう??という疑問が生まれます。クーラーをつけないのはただ電気代がモッタイナイという感覚だけで、クーラーをつけないとうい結果を生み出しているわけではない場合があります。

ワタシはクーラー無しでは夏を乗り切る自信はありません。今もクーラーつけてブログ書いています。

高齢者は、外部の情報をキャッチする感覚が、若いときよりも鈍っていることも原因だと考えられています。

だから服を脱がないし、クーラーあってもスイッチを押さないし、ホントはかなり脱水が進んでいても、喉の渇きが生まれなくて、水分を取ろうとしないなどということが生まれてしまいます。

感覚が低下しているということは、年齢とともに司令塔である大脳の機能が低下していたり、暑さや渇きをとらえるセンサーである感覚器の機能が衰えているからでしょうか。

 

sanketarecord.hatenablog.com

 

高齢者と基礎疾患

ワタシもそろそろ血圧の薬を服用しないといけないなどと思いながら、ほぼ毎日血圧を測定しています。

高齢者のカタでマズ、日頃服薬をしていないヒトはまずいないと思います。中でも高血圧で、降圧薬(血圧を下げる薬)を飲んでいる高齢者多いと思います。

この降圧薬というのは、いくつかのタイプがあります。

血圧が高くなる理由の一つとして体内の水分が多いことがあげられます。このこと原因で高血圧になっていれば、利尿薬といって、水分を排出を促進させる薬が出ます。

熱中症とは、簡単にいえば、脱水と体内の電解質(ミネラル)バランス悪化により様々な症状がでる病気です。

ただでさえ利尿薬を服用して、水分を出すようにしむけていたのに、さらにその上に外気の影響で汗をかいたりすれば脱水がさらに進むことは必然です。

先ほど書きましたが、これで暑さを自覚して水分をとればいいんだけど、取らなければさらにさらに脱水が進むんです。間違いなく。

まだまだ7月なんですねえ

関東甲信地方でも、梅雨明けしましたね。

まだカレンダー見れば7月です。まだまだ暑い日続きそうです。

テレビを見る電気代はおおいに節約して、クーラーの電気代はケチケチせず大胆に使っていこうかなあ。

 

sanketarecord.hatenablog.com

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。またの訪問を管理人はいつもお待ちしています。