読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

24のブログ

サラリーマンです、個人投資家でもあります。

星の数ほどのブログの中から、ワタシのブログ訪問ありがとうございます

タイヤ交換に手間取った話

つぶやき 生活

ブログを読んでもらうとうれしいです

こんにちは、車のメンテナンスは、決して得意でないサンケタです。なので、こまめに定期的な点検は出すようにしています。

でも予期せず、タイヤがパンクしてタイヤ交換を余儀なくしないといけない状況になることがあります。
 

数少ない修理でやったこと

今まで車で、交換、修理でやったことと言えば、
今まで経験した交換、修理
ライトの球の交換
パンクしたタイヤの交換
ワイパーのゴムの交換
などが、すぐに思いつきます。これを書きながら思ったんですが、全部交換であって修理ではないですね。
・・・
ワタシは交換はできるけど修理はできないことが判明しました。
 
修理ができるなんて書いてみたけど、実はできない子ちゃんでしたわ。
 

できると思っていたけど以外な落とし穴が

先日、実父から電話があり、外出先で車のタイヤがバーストしたようで、助けてくれとの電話がありまして。
 
うちの父は、修理もおろかスペアタイヤへの交換もできないようです。
 
現場に着くと右の前輪のタイヤがペッタンコになっておりました。
 
とりあえずスペアタイヤを交換しないといけないようです。
 
交換の手順の詳細は、省きます。
まずタイヤのボルトを緩めます。車載工具のレンチを使って予め緩めて、それからジャッキで車体をリフトアップします。
 
右の前輪ですからフキンにリフトを設定する部分がありますので、ここでリフトアップします。
 
あとは右前輪が少しでも地面から離れれば簡単に取れるハズなんですが
 
簡単に取れるハズなんですが・・・
 
簡単に取れるハズなんですが・・・
 
あら、不思議
 
何故か簡単に取れません❗
 
何故か焦ります(;゜0゜)。
実父の車は、ホンダの軽自動車。因みにワタシの車は日産の普通車。ホンダの車にはなにか特殊な仕掛けが有るのか?
 
恐るべしホンダの軽!
 
でもタイヤのまわり、タイヤハウス、フェンダーを見ますが、特に何も無いようです。
 
となれば、錆びなどで強固に接着している可能性があります。
 

タイヤに衝撃をひたすら与え続けた❗

結論から言いますと、タイヤ取れました。予想通り錆び様なものが付着しており、これが取れない原因でした。
 
ワタシの場合、タイヤの部分に十数回のキックと、タイヤのボルトを取った状態で、ジャッキをもとの位置まで下げてタイヤに負荷を掛ける方法をとりました。
 
この2つの方法でこの危機を脱することできました。
 
帰宅しググると、同じようなこと経験されているカタいるんですね。
 

その他

ワタシが行った方法で、取れるとは思います。取れないからといって、タイヤのボルト部分に、潤滑系のスプレーをすると簡単に取れるとは思いますが、今度はブレーキが効かなくなる恐れがありますのでご注意下さい。
 
この季節の外での作業は、熱中症の危険がありますので、こちらもご注意下さい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
広告を非表示にする

アクセスありがとうございます。