読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

24のブログ

サラリーマンです、個人投資家でもあります。

星の数ほどのブログの中から、ワタシのブログ訪問ありがとうございます

最近ワタシが検討していること、子どもの書道、習字対策

ブログを読んでもらうとうれしいです

こんにちは、サンケタです。今回は最近これを導入してみようと思うことを、ツラツラと書いていきます。

子どもの授業で書道、習字が始まったのだ

ワタシの地域の場合、小学校3年生になると書道、習字が始まります。この記事をよんで頂いている読者の方も経験があると思いますが、墨汁の液体が衣服につくとなかなかそのシミが除去できないということは知っていると思います。普通に洗濯するだけでは簡単にシミはおちません。(ワタシはその方法を詳しくは知らないのですが、手間がかかるようです。)

ウチの長女が学校で書道、習字の授業があった時は、元からの性格なのか、女の子ゆえなのか、とくに衣服に墨を付けることなく授業を終えていたのですが、

今回の場合ですと、決して几帳面でなく、大ざっぱな性格の次男ですので、これはいつか墨を衣服に付けてくるだろうと予想はしていたんです。

やっぱりつけてきたんですね

やはり、うちの次男は墨を付けてきました。彼の時間割りを小まめにチェックして、書道、習字のある時は注意を促してきましたが、やっぱり墨を付けてきました。でもしょうがないです。わざとではないんですもんね。最初に付けたときは、時間割をチェックするのを忘れておりました。

その時はなぜか真っ白いTシャツを着ておりまして、帰ってきたらあなたはシマウマか?それとも乳牛か?それともパンダ?なのかというぐらいに墨を付けてきておりました。もうこれは笑うしかありません。

こうやって墨をつけてくるのは、彼の元々の性格なのか、それとも男の子ゆえなのでしょうか?最初にも書いたように、このTシャツいまでも墨汁のシミが取れずに残っています。それゆえにこのシマウマの柄のようになったTシャツは、習字の時に持参し、その都度着る作業着となりました。

ワタシの対策

作業着はできましたが、対策が必要です。この作業着を授業の時に忘れることも充分に想定されるし、彼の性格上この作業着を面倒くさがって着用しないことも想定されるからです。また同じミスを繰り返して、作業着を量産するわけにはならないからですね。

黒色系のTシャツを着る

作業着を着ないこともありますので、習字、書道の授業のある日は、黒色系のTシャツや、墨が付いてもかまわないTシャツを選んで朝着させるようにしています。

墨汁を見直す

これが一番言いたかったことなのですが、最近知ったことです。洗濯で簡単に墨汁のシミを落とすことができる墨汁が、絵具を扱うメーカーから販売されているんです。これを使えば事前に着るもに注意を促すために授業のチェックをする必要はないし、仮にシミを付けても簡単に落とすことができますんで、仮に次男がシマウマになろうが、乳牛になろうが、パンダになろうが消耗しなくて済みそうです。

まだ導入をしていませんが、購入したらこれをネタにしてブログで報告しますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセスありがとうございます。