読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

24のブログ

サラリーマンです、個人投資家でもあります。

星の数ほどのブログの中から、ワタシのブログ訪問ありがとうございます

家事、やる気の炎を灯す方法

ブログを読んでもらうとうれしいです

こんにちは、サンケタです。

共働きをしている我が家では、家事を彼女と分担して行っております。
 

家事分担の詳細は決めていない

以前の記事にも書きましたが、特に線引きして、家事分担を詳細に分けておりません。気づいたヒトが行うというスタンスです。
彼女との生活も10数年たちます。この月日のながれは、自然と家事分担を確立させていきました。分担は決めていないけど、いつのまにか、やるやらないが決まっていました。というより、ワタシは食事の準備洗濯物の収納アイロン掛け、は、できません。しようとしません。
 

家事を毎日するのは大変

そりゃ彼女だって、ワタシだって家事なんかせずに暮らしていければいいですが、そういうわけにはいきませんからねえ。親と同居していいたりすれば、ここら辺の問題は解決できそうですが、我が家は核家族の道を歩んでおりますので、宿命ですなあ。
 
家事代行を週一ぐらい頼むのってのも、共に働き世帯にはありあり🐜の選択肢なんですが。彼女のほうが知らないヒトが家に出入りするのが気持ち悪いというもんですから。家事代行まだ頼まずにいております。ゆえに常にどちらかが家事をやらねばいけません。
 

でも家事のやる気が起きないことだってあります、そりゃ人間だもの

毎日分担して彼女と家事をやっていますが、二人とも家事やる気全くゼロだっていう日もありますよ。

でも、ワタシには最終秘密兵器をもっています。家事のやる気が起きないときの起爆剤を自分はもっています。起爆剤は、ズバリ音楽を聴くということです。音楽には不思議な力がありますよ。学生時代に聞いていた、流行っていた音楽が流れると、その当時のことを思い返すことができるように。

音楽ならなんでもいいというわけではありません。ワタシに家事をやる起爆剤となる歌は、木山裕策さんの「home」です。「home」を聴きます。B’zさんの「home」ではだめです。

木山裕策さんの「home」です。

「home」を聴くと効きます。クリスハートさんもカバーしていますね。でも木山の方が親近感があっていいです。家族構成もかなり近いので。

この曲を聴くと、ワタシの幸せとは家族を幸せにすることなんだというこが身にしみます(あくまでも自分の感想です)。

今の家族で過ごす時間は、明日終わるのか誰にもわかりません。歌詞の中にもそのようなことが触れられています。

せめて家庭にいる時間、家族には、いい時間を過ごしてほしいです。ワタシが家事をしなければ、彼女が全部することになります。そうなれば負担がのしかかり彼女の機嫌は100%悪化するはずです。家事と仕事に追われて自分の時間や子供との時間が無くなるのは不幸です。

ワタシも家事が好きなほうではありませんが、なるべく率先してやるようにしています。家事をするしないのゴタゴタで家族を振り回すのは無くしたいもんです。

不思議とこの曲を聞けば、家事をやってやろうという、やる気の炎が灯ります。

そんなワタシはおかしいのでしょうか?まあどうでもいいや。いまの家族の雰囲気悪いわけではないしねえ。

家事はやったほうがいい

男性も家事をやったほうがいい。昭和じゃないから、家事をする男性は増えているのわかっているけど。やったほうがいい。家事に参加するとかいうスタンスじゃなくて。
 
たぶん、家事をやっていなかったら、その時間は、とくにろくなことしていないハズ。とくにワタシ。
 
今日も「home」を聴きながら、洗濯物でも干そうかねえ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
広告を非表示にする

アクセスありがとうございます。