読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

24のブログ

サラリーマンです、個人投資家でもあります。

星の数ほどのブログの中から、ワタシのブログ訪問ありがとうございます

栄養剤が好き

生活

ブログを読んでもらうとうれしいです

こんにちは、サンケタです。

栄養剤が大好き

ワタシはなぜか、『リボビタンD』に代表されるような、『栄養剤』っていうのが大好きなんですよねえ。あの薬のような味覚のなかに、かったるいような甘さが入っていて、なんかからだに良さそう。一時期は病みつきとなり、ほぼ毎日飲んでいたんですよ。

今では毎日飲むようなことはないんですが、ちょっと疲れがたまっているけど、今日の仕事を無事にやり遂げないといけないなあなんて感覚になると、栄養剤を飲もうかなんてついつい買ってしまったりしている。

 

タウリン1000mgはタウリン1g

『リボビタンD』に何が含まれているのっていわれれば、タウリン1000mg、ビタミンB1ビタミンB2である。CMでもこの栄養素が疲労回復に寄与しているんだと訴えている。ここでは栄養素の効能については書かないが、これらの相互作用によって疲労回復や滋養強壮に貢献しているんだろう。タウリン1000mgって1gじゃんなんていいながら飲んでいる。効果については個人差があるはずだが、ワタシの場合は、役立っているし、お世話になっている。

飲み会の前にも飲んでいます

飲み会の時も、この栄養剤にお世話になっております。今日はとことん飲んでやるって思えば、間違いなく栄養剤をアルコールを飲む直前に飲んでおります。

『飲む前に飲む』って、ウコン系を使った飲料がありますが(清涼飲料水のカテゴリーに入るようです)、ワタシの場合、栄養剤の方が相性が良く、これを飲めば、栄養剤を飲まない場合より数段にアルコールを飲める量が増えます(飲みます飲みますとかいてありなにをのんでいるのかわかりにくですね)

アルコールをタラフク飲めるように、栄養剤を飲むけど、逆にアルコールが入りすぎて、二日酔いになってしまうことが多々あるのだが。

ランニングの前やラニング中にも飲んでいる

 ランニング中でも、栄養剤にお世話になっています。今日は少し距離を稼ぎたいな、なんて思えば、自動販売機にこの栄養剤が売っているので、水分補給と疲労回復を狙って飲んでまた走り出すという始末。でも確かにワタシの場合は間違いなく、飲んだ後とうのは楽に走り切ることができる。ワタシは栄養剤のことを勝手に『起爆剤』なんて命名して、事あるたびに飲んでしまう。

一日一本までと書いてある

でも1日1本という注意書きがある。以前は2本なんてジュース感覚で飲んでいた頃もあるが、今は飲んだとしても1本でコントロールしている。というのも飲みすぎは体に吸収された栄養素を代謝する肝臓に負担ががかかるのではということを最近思うからだ。

現代は様々なサプリメントがある。果物何個分のビタミンC入っている~なんてキャッチフレーズの製品があるが、冷静に考えればそんな栄養素普段から必要なわけ?取りすぎでは?と疑問がわく。栄養剤はとらずに生活できるところに、体を元気にさせる栄養素を多くいれているわけであるから、体に負担がかかるはずである。

栄養剤も取りすぎであれば肝臓などの内臓に負担がかかるはずである。とくに肝臓は『沈黙の臓器』とよばれ、何らかの肝臓が悪くなっているサインがでるころは、肝臓はかなりのダメージを受けているということになっているのである。

 

 

 

 

広告を非表示にする

アクセスありがとうございます。