読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

24のブログ

サラリーマンです、個人投資家でもあります。

星の数ほどのブログの中から、ワタシのブログ訪問ありがとうございます

ショッピングカートのカゴに、商品のせても、子ども乗せるな

ブログを読んでもらうとうれしいです

こんにちは、サンケタです。最近よく見かけるんで書いみますね。

最近みかけませんか?ショッピングカートのカゴの方に、子どものせている光景。

実は自分もショッピングカートのカゴに子どもを乗せていました。

でも経験あるんです。自分もショッピングカートのカゴに直接子どもを乗せることを。ショッピングカートには子どもの座席がついたものもありますが、子どもは、あまり乗りたがらない記憶が残っています。

それは窮屈なんでしょう?固定される感じが嫌なんでしょう?

でもね、カートをよく見てくださいよ❗


禁止項目をよく見てみよう

のせているヒトは気づいていると思います。

ショッピングカートに表記している禁止項目、一応箇条書きに書いて置きます。

使用中は、手を離してはいけない。

エスカレーターに乗せて移動してはいけない。

お子さまを遊具のようにして、荷台にぶら下がるなどの使用をしてはいけない。

カートのカゴにお子さまを乗せてはいけない。

という表記に、なっています。

どういう事故に繋がるんだろうか

ショッピングカートに乗ることにより、カートから落ちるということが予想されます。

子どもの体つきを見ればわかるのですが、頭が大きいのです。

頭が大きいので、成人と比べて、体の重心が高い位置にありますので、転倒しやすい傾向にあります。

そうなんです子どもは転倒しやすいのです。

ショッピングカートのカゴに、お利口さんにじっと座っていれば良いのですが、子どもは好奇心旺盛です。じっとするのは難しい。

ショッピングカートのカゴの上に乗っていた子どもが、急に立ち上がったらどうなるでしょうか?

ショッピングカートの重心が更に高くなる

ショッピングカートの足は、キャスターがついているので、誰かが握っていないと不安定です。

誰かが握っていないときに、子どもがたち上がれば、転倒する可能性があります。

好奇心旺盛がゆえに事故が発生する可能性がある

子どもが、何らかの商品に関心をもって、手を伸ばす、あるいは身を乗り出したらどうなるでしょうか?

頭が大きいので、簡単に転落する可能性があります。

そのときにショッピングカートを誰も握っていなかったなら、カートも一緒に転倒することでしょう。

たいていのお店の床は、畳や絨毯ではありません。硬い床になっていますので、転落した時の損傷も大きいはずです。

子ども用シートの着いたショッピングカートで

子どもは嫌がるかもしれないですが、ケガをさせるのは、かわいそうだし、親も心の傷が残ります。子ども用シートの着いたショッピングカートを使いましょう。


では、楽しいショッピングを。



アクセスありがとうございます。