24のブログ

サラリーマンです、個人投資家でもあります。テーマを絞っていくと、ブログ継続ができなくなりますのでいろいろ書いていきます

星の数ほどのブログの中から、ワタシのブログ訪問ありがとうございます

津浪は怖いけど、海に子どもと遊びにいった

ブログを読んでもらうとうれしいです

こんにちは、サンケタです。
半径10km以内にキレイな海があると、、書いておりますが。

海はすぐそばにあります。歩いて5分かかりません。
そばにあるがゆえに、海釣りにすぐにいけたり、砂浜を走ったり、子どもたちは波打ち際で、遊んだりと、海の近くで住む恩恵を受けておりますが?

最近のなにかと話題に上る津波の恐怖にさらされております。

天気予報では、上空の気圧配置や雲の様子など、実際の予報プラス、素人でも視覚的に天気が予想できるデータがありますが。

地震に関しては、何もない。
あるかもしれないが、自分は見たことがない?
地震の発生回数ぐらいから、もうソロソロかと?根拠のあまりない予想をしてみたりするが、

ホントにアテにならない。

あれこれ考えても、思考にとらわれ過ぎて行動できないので、時間がもったいないから、子どもと一緒に砂浜でおもいっきり楽しみました。


砂浜遊びで気をつけているポイント

子どもと、砂浜で遊ぶときに、自分が気をつけていることを書き綴っていきます。

避難場所を確認しておく

砂浜で、海で遊ぶときは、まず避難場所と経路を確認しましょう。とくに西日本の太平洋側では、南海トラフによる津波がいつ起きてもおかしくない状態だとの話もあります。

ましてや、馴れない場所での避難活動は、初動から遅れをともないそうです。

格好はスクール水着で、できればそれに近い形で

例えば砂浜で遊んでいたら、子どもたちは水遊びをしたくなるはずです。

着替えを持ってきているからといって、衣服のママ遊ばせると、靴下の中、シャツのポケット、ズボンのポケットに容赦なく、

砂、砂、砂

砂が入ってきて、洗濯する前に余計な作業が入ってきます。

その点スクール水着のような、ポケットのついていないものは後々洗濯するにも砂の付着を気にしなくていいです。

素足で靴を履かせて遊ばせる

サンダル、素足はケガさせるので

自分は原則運動靴です。

まずケガ予防、そして紛失予防。
砂が入ってきて気持ち悪いとはいいますが、履かせています。
すぐになれます。

運動靴を洗った経験をお持ちの人がほとんどでしょうが?
水に沈む運動靴はあんまり見たことないのでは?

運動靴は浮くんです。ほとんど。
緊急時に浮力を稼ぐことができます。

うちの子、泳ぐことができますので、時間稼ぐことができると。

水道水を入れたポリタンクを準備する

自分は20リットルのものを2缶持っていきます。

遊ぶところが全て、洗い場を完備しているわけではありませんので。

車を汚すのも嫌ですので。

あとがき

5月17日に、津波がくるって子ども達が不安がっていたけど。
ネット上では、以前の地震を当てた預言者が、5月17日を預言していたから、そういう噂が流れていたらしいけど。

何事もなくブログ今日も書いているからよしとしようか。

物事には良い面と悪い面があるわけで、
海が近くにあることとうまく付き合っていこう新たに決意したところです。








最後まで読んでいただき、ありがとうございました。またの訪問を管理人はいつもお待ちしています。