読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

24のブログ

サラリーマンです、個人投資家でもあります。

星の数ほどのブログの中から、ワタシのブログ訪問ありがとうございます

全米が泣く圧力鍋を使う時に注意するポイント

ブログを読んでもらうとうれしいです

 

おはようございます。サンケタです。

圧力鍋を使うときに注意するポイントは、鍋の蓋の上についている重りをすぐに取らないようにするという点です。

f:id:sanketarecord:20160322090211p:plain

圧力鍋の使用歴は15年

圧力鍋を使いだしたキッカケは玄米を食べようと思ったことです。今の炊飯器は炊飯するにしてもいろいろなモードがあります。当時の炊飯器はシンプルなものだったものです。

f:id:sanketarecord:20160322090000j:plain

圧力鍋を使うことにより、約30分ぐらいで炊飯できます。白米でも約15分ぐらいで簡単にできます。しかも炊飯器で炊く場合より、お米のモチモチ感が楽しめます。美味しくできます。

豚の軟骨を炊くときも、この圧力鍋を使い1時間程で柔らかく仕上げることができます。

圧力鍋を使うことにより時間短縮と美味しさを手にいれることができます。

使用方法

詳細については取説をみてもらって省略しますが。冒頭に述べたように、調理時間がおわり、容器の中の圧力を解放しないと蓋がきっちしロックしますので蓋の離脱ができません。

 

早く調理したものを食べたいと、写真にある蓋についている重りを取ってしまうことがあります。自分もそうでした。

 

この重しを取ると勢いよく蒸気が出ます。蒸気機関車をイメージしてもらえばいいかと。でもこうすることにより、内容物が細かく軽いものが含まれている場合、圧力の逃げ口である排気口めがけて一気におしよせ飛んでいきます。大豆の皮やら、野菜のあく、肉の脂など飛んでいきます。

そうすることにより、この排気口や蓋の掃除という後々めんどくさい作業が発生します。

 

火を止め数分まてば圧力が自然と抜けます

少し流行る気持ちを待って、温度が下がれば圧力が逃げてしまい、簡単に蓋を解放できます。後々の作業がめんどくさいとおもえば、自然に圧力が抜ける方法を選択したほうがいいかと。

 

ではでは

アクセスありがとうございます。