24のブログ

サラリーマンです、個人投資家でもあります。テーマを絞っていくと、ブログ継続ができなくなりますのでいろいろ書いていきます

星の数ほどのブログの中から、ワタシのブログ訪問ありがとうございます

ランドセルとアルミトレイ

ブログを読んでもらうとうれしいです

今週のお題「給食」

おつかれさまです。サンケタです。

自分が通っていた小学校の給食の食器は、なんだったかというと、アルミ製の器に、アルミ製のスプーン、フォークで、アルミ製のトレイだった。アルミ製のトレイは個人専用のものを6年間使っていました。

 

給食係は大変だった

給食の構成は、メインおかず、パンまたゴハン、牛乳、スープ類の4つで構成され、それぞれに一人づつ担当がおり、この構成に先ほど書いた食器類が一つになった担当が配置されていた。

この食器担当とオカズ担当の係が大変だった思い出がある。アルミ食器は、行きも帰りも重さは変わらず、そしてやたらに重い。オカズを入れる容器は、その日の献立によって帰りの重量が決定されるわけで、帰りの重量=献立の不評度という構図ができていた。

アルミ製のトレイの歴史

使っていたアルミ製のトレイは、いわば男の子の使うランドセルのような歴史をたどるのである(もちろん一般的な男子生徒を考えてもらえば)。配布された時は、先生達が名前とクラス名が書いてある、キレイなキレイなアルミトレイなのだが、学年を追うごとにその変貌をとげるのである。まず落書きがはじまり、当時は、キン肉マンドラゴンボール等が流行っていたので、たいがいの男の子はトレイの裏に好きなキャラクターを描き、トレイをデコレーションしていたものだ。だがそれでも飽き足らない、男子生徒は、トレイをつかっていわゆるチャンバラ、戦闘ごっこというのであろうか、格闘がはじまり、トレイを使ってそれを盾替わりにしたりと。当時は、8時だよ全員集合も放映されており、そのコントで使われた、鉄の洗い桶が降ってくるマネをしたりしていた。

 

アルミトレイの最後

こんなにも男子生徒に愛された、アルミトレイは上級生になるころは、形が変形し、所々に小さな凹みなんかも散見され、トレイが他の生徒のものとは重ならなっくなってしまうのである。女子生徒のは6年間キレイ状態で使用されるのだが、男子生徒のはほぼみなのが変形していたのを思い出す。それはまるで6年生男子のランドセルのように。

 

今はトレイを使っていないんですね

こんなにも男子生徒に愛されたトレイは現在採用されておらず、毎回各家庭で準備するナフキンを敷いて給食をたべているようです。こちらの方が怪我させたりすることはないもんですねえ。

広告を非表示にする

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。またの訪問を管理人はいつもお待ちしています。