24のブログ

サラリーマンです、個人投資家でもあります。テーマを絞っていくと、ブログ継続ができなくなりますのでいろいろ書いていきます

星の数ほどのブログの中から、ワタシのブログ訪問ありがとうございます

宿題やれとガミガミ言うのやめました。

ブログを読んでもらうとうれしいです

子どもの宿題が多いような気がする。

自分が小学校のころより、宿題量が多い。宿題ばかりやらせるのは、あんまりだとおもうんで、一回遊びに行ってリフレッシュしてから、取り組むようにしているんだけど、本人の集中力が欠けているところがあるにしても多いすぎる。

 

一回先生に聞いてみたが

早い話が、遊ばせない意図が見え隠れしていた。学校の生徒が近所で遊んでいたら、付近の高齢者から、うるさいだの、危ないだのと学校に講義が来ていたこともあるらしい。子供は遊ぶのが仕事なんだから多めにみてやってくださいよ。

うちの子は、遊びが終えて戻ってくるのがだいたい17時ごろ、それから、すぐに宿題を取り組んでくれる、いわゆるいい子ではないので、漫画やブロックでひとしきり遊んでそれから思い出したように取り掛かかります。

 

宿題はどうしています?

うちの子の場合、プリントやら宅習帳等が設定されており、〇つけや、やり直し、チェック票をつけたりする作業が親に課せられており、うちの子時間がかかるので、終わるのが、条件によっては21時過ぎたりすることがあって、あんまりの効率の悪さに、怒ってやるように促していました。

 

でもよく聞いてみると、厳しい先生で、勉強面だけでなく生活面でも結構怒られているみたいで、学校でも怒られ、家でも怒られたら、こどもの安息の場所がなくなると感じ、宿題の件でガミガミ怒り散らすのはやめました。もう何か月も怒っていません。

 

この訳のわからん量の宿題やることに意味あるんだろうか

宿題やらんでいいよって基本的に言っています。やるときは時間を決めて、決めた時間内にできなかったら、できただけでいいよっていっています。基本的に勉強は学校でやるわけで、あと家では好きなこと、心から楽しめるものをやればいいと思います。そのうちの一人は、今ギターにはまっていますので、気がすむまで弾くように促しています。自分で曲を作れるようになれば占めたものです。下の子はお菓子つくりやパン作りに興味があるようで、妻がそれにつきあっています。

sanketarecord.hatenablog.com

義務教育でやることは基礎学力の構築で充分だとおもいます。

この子達がが成人するときには今では考えられない仕事が職業としてあるかもしれないし、今ある仕事がなくなっていることも充分に考えられるわけで。いろいろな伸びしろを引き出すために、興味があることはさせようとおもいます。

その伸びしろが融合して、子供たちにとって、新たな発見や学びや興味に結びつくと思うから。

 

学校から出される訳のわからない宿題の時間が貴重な体験の時間を奪っているのかと思うと宿題の存在に疑問を持ってしまいます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。またの訪問を管理人はいつもお待ちしています。