24のブログ

40代のサラリーマンです。ふだんの生活をよりたのしく、そしてラクに生活できるようなことテーマにしていきます。生活を豊かにするための投資のこともかいていきます。

数多く存在するブログの中から、当ブログへの訪問ありがとうございます

ギター、ギターを子どもにプレゼント とりあえずやってみる

ブログを読んでもらうとうれしいです

ギターを弾きたかった

自分は小学生のころ、近所のおじさんがアコースティックギター(以下アコギ)を弾きながら歌っている姿が無茶苦茶かっこよく感じていた。おじさんが弾き語りで歌ったあの姿は今でも自分の脳裏に深く焼き付いている。

 

自分はすぐに両親に直談判しアコギを買ってくれとたのむものの

 

『小学生の手は小さいから弾くのは無理だと』

 

一蹴された、それでも弾きたいという気持ちは抑えられず、両親に食い下がるも、返事は変わらずであった。

 

両親はギターを弾きたいという息子に対しピアノを習って音楽の基礎なるもの学んで、いづれギターを弾き始めればと言い出し、自分は提案に従って、2年ほどピアノを習ったが、元々好きでなかったし、発表会なるものも面倒くさく、やめてしまった。いつのまにかギターを弾くという情熱も覚めてしまっていた。

 

その時のギターに対する情熱はそれほどではなかったんだと、今考えれば。

 

高校に進学し、寮生活を始めると周りにギターが弾ける友達がいて、教えてもらい借りて練習しいつの間にか、バンドを組んで演奏するまでになっていた。

 

現在はヤイリのアコギと、アリアプロエレキギターを持っているが、アコギのみを好んで弾いている。

 

息子がやりたいと言い出した

小学校2年生のときに長男がギターをやりたいといいだし、自分のような可能性を奪い取るようなことは決してしたくないと思ったので、とりあえず自分の2本のギターを使って、簡単なコードから教えていた。

 

自分が日頃から聴いているミスチルを彼も幼少のころから聴いて育っていたので、自然と曲を覚え、彼もミスチルの大ファンとなり、この曲が弾きたいといって選んで、現在練習しているのは、ミスチルの『抱きしめたい』である。

CDを流しながらメロディーを奏でるが、まだ曲のテンポについていけないものの、しっかりとしたメロディーを刻んでいた。

彼は確かに大人の手の大きさにはかなわないが、しっかりとコードも押さえ、アルペジオもメロディーも奏でることができる。

 

とりあえずやってみてそれから考える

息子には手が小さいのでギターが弾けないっていう感覚は全くない。ただそこにあるのは、この曲を弾けるようになりたいという湧き上る情熱だけである。自分が手が小さいからもう少し大きくなって弾いてみたらという、その場しのぎの答えをださなくてよかった。

今までに、なにげない子供からの要望を簡単に踏みにじってはいないだろうかと自分に問いかけてみたい。

最初はアコギを弾かせていたが、エレキギターと比べて弦を抑える力を要するため、音が出にくいといって不満をつのらせていたので、アコギではなくエレキギターを使わせて、さらにギターの弦の硬さが一番柔いライトゲージに替えたりして対応し、本人の努力も相重なって弾けるようになった。とりあえずやってみて本当によかったと感じている。

 

次はどんな曲がひけるようになりたいんだろう

もうすぐ『抱きしめたい』が弾けるようになって、息子は『名もなき詩』にしようか『Center of univers』にしようかそれとも・・・と思案中である。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。またの訪問を管理人はいつもお待ちしています。