24のブログ

サラリーマンです、個人投資家でもあります。テーマを絞っていくと、ブログ継続ができなくなりますのでいろいろ書いていきます

星の数ほどのブログの中から、ワタシのブログ訪問ありがとうございます

アルコール代はケチっても、電気代はケチるな

今回の記事では、熱中症を予防するためにワタシが必要だと思っていることを書いています。いいたいことは、以下のようなことです。

  • 睡眠をしっかりとっておくということ
  • しっかりとした睡眠をとるために、クーラーはつけっぱなしで、寝るようにしていること
  • 電気代を抑えるために、テレビは極力つけないようにしていること

f:id:sanketarecord:20160321165244j:plain

熱中症という言葉は、日本全国にしれわたっているはず

あつい日がつづいています。この時期は、インターネットでは熱中症の話題がなくなることはありません。

熱中症にかんする知識が、日本全国で浸透してきているはずです。ですが、熱中症はなくなりませんねえ。

熱中症を予防する方法として、ワタシでもいくつか、その方法がうかびます。

  • 水分をこまめにとっておく。水だけではなく、ミネラルがはいっているスポーツ飲料も積極的にとっておく
  • 屋外での運動、作業中であれば、こまめに休憩をとる
  • 屋外での運動、作業の場合、可能であれば、ひかげやすずしい時間帯を選ぶ
  • 室内で過ごす場合であれば、クーラーを使う。

などがあげられます。どうでしょう?この記事をよまれてるカタもだいたいそうでないですか?

熱中症のヒトをみて、かんがえていること

 ひごろ、なんちゃって医療従事者として、熱中症になったヒトと接することがあります。

熱中症になったヒトの中で、おおくきかれるコメントとして、

前日あまり、ねむれなかった

前日すこし、アルコールをとりすぎた

という内容がきかれることがおおいです。

きちんと調べたわけではありません。あくまでもワタシこじんの感覚になります。

熱中症を予防する方法として、さきほどかいたような方策は、ほとんどヒトがとっているはずです。

この時期ですと、

  • 夜があつくて寝苦しい
  • あついので、ひえたアルコールがすすむ
  • (こどもたち)夏休みなので、ふだんよりもおそくまで起きている

ということがありませんか

あまり眠ることができなかったヒト、アルコールを取りすぎているヒトは、当日体調があまりよくなかったり、アルコールによる利尿作用(おしっこが普段よりもおおくでていくこと)により、脱水状態がすすんでいることが予想されます。

 

この時期のように、あつい環境下で、さあ仕事にとりかかる。もしくは、部活動にとりくむなどと行動をおこしたとしても、

そのような状態で、こまめに水分をとっても、こまめに休憩をとっても、熱中症をふせげなかったり、ふせげたとしても疲労感が激しかったりするのではないでしょうか?

 

具体的な解決方法

規則正しい生活を送った上で、前日によい睡眠をとれば、熱中症をあるていど予防できるとワタシは考えています。よい睡眠をとったうえで、水分補給や休憩をこまめに入れることで、対応できると考えます。

その方法としては、

  1. 規則正しい生活をおくる
  2. よい睡眠をとるために、クーラーをつけて寝るようにする
  3. アルコールはひかえる

ということでしょうか

 

 

さいごに

ワタシの場合、クーラー代をまかなうために、テレビをほとんどつけません。もともとテレビを見ない生活になっています。テレビを見ない分、その分をクーラー代にまわせます。

 

だから遠慮なくクーラーを寝ているときもつけっぱなしです。おかげで寝苦しくて夜中にめざめることなく、しっかり睡眠をとることができています。

 

テレビのための電気代、アルコール代(飲み会代)はケチっても、クーラーのための電気代はケチるなということですね。

ブログネタのために、株式を購入してみた

今回の記事でいいたいことは、したのようなことになりますよ。

  • 株主優待で、1年間のお米をまかないたい目標をもっているということ
  • 株主優待目的とブログネタのために、あらたな株式を購入したということ
  • 現状では、まだまだ目標には、ほどとおいということ

 

f:id:sanketarecord:20160908120627j:plain

安田倉庫の株式を購入

ワタシにはおおきな、目標があります。

それは、1年間のお米を、株主優待でまかなうことができるようになること。

株主優待制度とは、企業の株式を、もっていればなんらかのプレゼントを企業からいただけるシステムになります。

 

ただ注意が必要です。

 

どこの企業でも、このプレゼント制度をおこなっているわけではありません。

企業によっては、株式を長期(1年以上だとか)にもっていないと、プレゼントできませんということがあります。

 

 ワタシは、お米の現物またはお米券をプレゼントしてくれる企業の株式を複数もっています。

複数とかきましたが、2つです。

この2つの企業から、1年間にお米を、4.3kgプレゼントしてもらっております。ほんとありがたい。

さらに、プレゼントをもらえる企業がないかと、さがしておりました。

そこで、ネタづくりとお米券をゲットするために、安田倉庫という企業の株式を購入となったところです。

安田倉庫の株式をもっていれば、株主優待でお米券がプレゼントされる予定になっております。

ワタシの場合ですと、2kg分のお米券になります。ああ楽しみです。

 

まだまだ夢なかばであります

TBK 1.3kg
高千穂交易 3kg
安田倉庫 2kg

とらぬたぬきの皮算用になりますが、現在の時点で、来年のお米のプレゼントの量は5.3kgの予定です。

来年の話をするのも、気がはやいかなあ。

さいごに

とつぜんの株主優待制度の撤廃のはなしがでないように、いのるばかりです。

以前の記事でもかいたように、我が家では、だいたい2ヶ月で30kgのお米が、すがたを、消してしまうんです。

この状況ですと、1週間と、すこしもたせるのが精いっぱいです。

1年間のお米を、株主優待でまかなうことには、まだまだほど遠いかんじです。

当面の目標は、お米1ヶ月分を株主優待でまかなう、ということですかねえ。さあその目標をたっせいするために、あたらしい企業(銘柄)がないか、さがす今日このごろです。

日田市の思い出を書いてみる

今日の記事で言いたいことは

  • 日田市には、鶏足という郷土料理があるということ
  • すこしでもこの記事が役立てばいいと思っていること

 

f:id:sanketarecord:20170315103018j:plain

日田市の郷土料理

日田市といえば、7月に発生した九州北部の豪雨災害で被災した地域のひとつです。

なんどか仕事で日田市にいったことがあります。そのときの宿泊先である旅館の夕食のときの話になります。

そこにでてきた夕食がインパクトがあったのを、いまも覚えています。

 

日田市といえば

日田市で有名な観光名所、名物といえば、ワタシは以下のものが思い浮かびます。

  1. 筑後川に浮かぶ屋形船
  2. ビール工場
  3. 日田やきそば

 1~3に関しては、筑後川をはじめとする日田市や、その周辺の地域の自然環境の良さや水資源が豊富であることをうかがわせるものばかりですね。

でも、こんかい紹介するものは、うえの4つをうわまわるインパクトをワタシに、はなってくれましたよ。

それは冒頭にもかきましたが、

鶏足

という郷土料理になります。

かいてあるとおり、『ニワトリのあし』になります。ニワトリの足といえば、もも肉のことなのかと思ってしまうけど。

もも肉よりもさらに、さきの部分になんです。

ニワトリの足さきにあるものなんだ?

ニワトリの足、つまりニワトリの羽毛にのおおわれていない部分。あか、きいろ、だいだいの色をした部分。つめがある部分ですよ。

この羽毛におおわれていない、あしの部分を料理したものになります。

 

鶏足のよみかたは、『けいそく』かとおもいきや『もみじ』とよむらしい。ググってみると『もみじ』です。見た目からきているのかな?

 

出されたときは、ちょっと引いてしまったが、味は、焼き鳥の皮が大好きだというヒトであれば、おいしくいただけるのではないでしょうか?

ワタシは焼き鳥の皮が大好きなんで、見た目のハードルをなんなくこえて、何本もいただきましたよ。

もう10年も前の話になるので、つめの部分を食べれたか?とか、骨の部分まで食べれたのか?という記憶は残っていません。

その時にだされた鶏足は、しょうゆ、砂糖で煮込んでいたものになります。もしかしたら、焼いて食べることがあるなかもしれないです。

 

さいごに

日本には、きちょうな食物をあますことなく食べる文化があります。

この鶏足も、そのようなかんがえから残り伝わっている、すばらしい文化です。すばらしい郷土料理です。

 

カブトムシ農家の今年の反省その2

今回の記事で言いたいことは

  • カブトムシのメスが一回に産卵するたまごが、約100個だということ
  • カブトムシは成虫になって、すぐにつぎの世代にバトンをわたす行動をとるということ

になります。

では、さっそく本題に

はやい!もうカブトムシの幼虫が卵からかえっていた。というか、いつの間に卵をうんでいたのか!

今回の反省点は、カブトムシ(メス)の産卵する数の多さを甘くみていたということでしょうか?

前回の幼虫たちとの比較

この写真は今年の7月22日時点での我が家のカブトムシの幼虫の状態である。

大小さまざまの大きさの幼虫が確認できる。体長は大きいもので約3~4cm、小さいもので約1~2cm程度である。

 

f:id:sanketarecord:20170725083651j:plain

カブトムシの幼虫を育てるようになって3年目になる。今年、幼虫から育て成虫になったカブトムシたちが表のとおりである。

オス メス
5匹 2匹

 

先日の記事にカブトムシが孵化した話を書いた。

約1か月前の話である。これらのカブトムシたちによって、わずか1か月の間に幼虫がここまで、これだけのかずそだっていたのは大きな驚きであり発見であった。

 

いままでワタシが水槽の中の幼虫たちを採取確認する時期というのは、カブトムシたちがすべて死んでしまう、9月のはじめぐらいである。そのころというのは、したの写真とおりであるが、体長7~8cm程度でまでそだっている。

f:id:sanketarecord:20170109115407j:plain

 ふたつの写真では、おなじ水槽の中で撮影しているので、大きさを比較できるかと。

幼虫の数、なんと79匹

ググってみると、カブトムシの幼虫が1度に産卵する卵の数は約100個とある。我が家の幼虫の数は79匹。

すべての卵が幼虫にかえるわけではない。それを考えれば、カブトムシのメスが1回産卵をしているとなれば、約8割が幼虫にかえったこととなる。

前回、前々回の幼虫の数というのは時期が9月ごろ計測。そのときは20匹前後いたのを確認。

前回、前々回のときも、恐らく1度の産卵で約100個の卵を産んでいたんだろうが、水槽の環境が幼虫にとってよろしくなかったのだ。

産卵がおわり幼虫を確認するまでの3ヶ月で3桁いたと予想されるカブトムシの卵は、淘汰されて幼虫として約20匹前後しか生き残らなかったのだろう。その理由として

  • カブトムシの成虫、クワガタの成虫と共存していたため成虫たちの行動にともない幼虫が死んでしまった
  • 狭い水槽で幼虫同士がトラブルになっていた

が、いまとなっては考えれれる。

来年この79匹の幼虫をすべて成虫に育てたいという野望を持ちつつ、その対策として

  • 79匹の幼虫をひとつの水槽に15匹づつ分けて飼育する
  • その水槽には、幼虫のみを飼育し、クワガタムシカブトムシの成虫との共存をさせない

を取っている。

ただ、まだ今年のカブトムシの成虫たちは元気に活動しているので、また産卵する可能性はゼロではない。1週間に1回ぐらいは水槽のマット(木のくずからできており、成虫や幼虫が潜って生活する場所になる)をひっくり返して確認する必要があると。

 

さいごに

 

 日本のカブトムシは冬眠しない。幼虫から成虫になり死んでしまう、その生存期間は約1年。短いなあ。

カブトムシと認識する成虫の姿でいるのは僅か1~2ヶ月。その僅かな時間で、次の世代へのバトンを渡す。

f:id:sanketarecord:20170725083746j:plain

ヒトとの圧倒的な時間軸の差が存在することを理解。こんかいの反省点を生かし、カブトムシ農家としてレベルをあげていこう。

 

 

シュレッダーが似合う個人投資家になりたい

 

日本株式の投資活動を行ていますと、投資をしている企業から様々な書類が届きます。メールやラインなどのSNSが発達しているこの時代にかかわらず。我が家には時期がくれば写真のように多くの書類が届きます。

f:id:sanketarecord:20170720082543j:image

 現在保有している株式は18銘柄。企業から届く書類、郵便物としては以下の様なものがあります。

  1. 株主総会招集通知書の関係書類
  2. 配当金計算書、配当金通知書の書類(この中に、株主総会での決定事項、業績の報告書などが同封されている)
  3. 優待券のチケット
  4. 優待券の現品

1.2については、保有している企業は必ず送付。3.4については株主優待券を設定している企業のみ。となります。

単純計算で1、2のみだけで36通は間違いなく来ます。

配当金に関しては中間と期末に配当金を設定する企業であれば、年2回書類が来ます。株主総会も定時の株主総会だけでなく、臨時株主総会なるものが開催すれば、株主に通知がくるんでしょうか(ワタシは経験がありませんから詳細はわかりません)?

ざっと考えただけで、我が家には50通前後の書類が届いていることになります。

現在保有している企業が18銘柄だけで、こんな感じなもんですから?配当金で生活している、猛者の個人投資家の場合ですと、この何倍もの書類が届くことは明らかですよね?

 

このように大量の郵便物や書類が一時期に一気に届きます。これだけのものが届くので処理をするのにも時間を要します。

 

さいごに

以前の記事にも触れましたが、企業によってはその書類の中に、株主へのプレゼントである株主優待券が同封されている場合があります。

企業からの封筒には株式関係書類と名うっていますが、株主優待券在中と丁寧に表記している封筒はワタシ個人見かけたことないです。

株主総会に参加して、話を一度聞きたいという株主のカタがいると思います。株主総会招集通知書等は参加のチケットになるはずです。

 

企業からの書類は中身をしっかり確認して、適切な処理をする必要があるんです。

株式売買の利益や配当金などを自ら確定申告を行い納税するヒトは、配当金計算書、配当金通知書もしっかりと保管しておくことは言うまでもないこと。

もうすでに年賀状をもらう枚数より、保有している企業からのお手紙(書類)の数が多くなってしまった個人投資家になっていたようです。

ワタシもいつの日か配当金のみで生活できるレベルになりたいもんです。その時はお祝いとして、適切な処理を助けてくれるシュレッダーでも買ってみようかな?

 

sanketarecord.hatenablog.com

 

sanketarecord.hatenablog.com

 

 

ブログを書かないと気持ち悪いというレベルまでもっていきたい

ブログを毎日更新できるようになりたいという目標がありますが、できておりません。

40代のワタシですが、もう十数年続けている習慣がいくつかあるんですが。そのひとつが過去に記事で取り上げているランニング。以前は、ハーフマラソンやフルマラソンにもエントリーして、記録更新をするためにハードな練習をしていた時期もあるんです。

f:id:sanketarecord:20160908120627j:plain

 

ただ、今はそんな気が消滅。べつにマラソンをして家族を養っているわけでもないし、記録も残せていたので、バッサリ辞めました。

大会にエントリー(参加すること)するのはですね。

いくら大会にエントリーはしなくなったとは言え、いまだに、ほぼほぼ毎日走っていますね。それは、感覚的に走らないと気持ち悪いし、ウズウズする、なにか物足りない感じが残るからかもしれません。

今感じるマラソンの効果

マラソンをすることでワタシの場合以下の効果があります。

  • 便秘しらず
  • 体型の維持
  • 適度の疲労感を与えることで寝つきが良い、ようするに熟睡できる

適度にカラダを動かすことによって、お腹の胃腸も上下左右に振動が伝わるはずです。強制的な振動により、ワタシはすぐに、便意に襲われます。それは毎日のお通じにつながりいいことなんです。

 

カラダを動かすので、食べた分は少なくとも運動により消費されているようで、摂取カロリーと消費カロリーのバランスがほぼ同じなのでしょう。体型や体重はここ十数年変わってないんです。

 

ランニングをすることで、疲労が大小溜まります。おかげで横になれば、どこでも寝れます。

 

裏を返せば、走らないことによって、便秘がちになり、体重が増えてきて体型も変わっていき、あげくのはてに寝つきがわるくなるっていうことが分かっているから、ランニングを続けているとも言えます。

 

ただやはり、感覚的に走らないと気持ちが悪いというのが一番強い、理由です。

感覚的なもんなんです。ワタシのランニングの習慣は。

 

いっぽうブログのほうはどうだろうか

ブログの方は、1年以上継続はしています。ですが、毎日更新しているわけではありません。周りのブログを見ていれば毎日欠かさず更新しているブロガーもいれば、不定期に更新しているブロガーもいて、更新を止めたブロガーもいるわけです。

まだ不定期更新のブロガーですが、毎日更新をするというレベルまでもっていく方法はわかりません。毎日更新されるブロガーのかたっていうのは、感覚的に書かないと気持ち悪いだとか、落ち着かないなんてレベルに達しているんだとワタシは勝手に思っています。もはや生活の一部なんでしょうね。毎日衣服を着替えるようなとでもいいましょうか?

 

ブログとワタシの間には、まだブログを書くことはおもしろいという感覚はありますが、書かないと気持ち悪いとか、落ち着かないなんてレベルではないため、毎日更新してないのかもしれません。

さいごに

ワタシの中にブログを書かないと、グルグルとめまいがするとか、気持ち悪いという感覚が芽生えたら、ランニングのようにいつまでもブログを書き続けることができるのではないでしょうか?

ブログを書くことがおもしろいという感情が存在しているので、いづれは、そうなるのかと、今日も記事を書き、ネタを考えるのでした。

株主優待券がきた、こうだから株式投資はやめられない

こんかいの記事で言いたいことは、地元で使えないパルコの株主優待券が、プレゼントをすることでやくだったということです。

 

川がきれいな地方(田舎)にすんでおります。川がきれいというぐらいなんで、とっても澄みまくっております。高知県の川にもひけをとらないとワタシは思っています。

 

地方に住んでいます。周りを見れば、何とかイオンの看板は見えます。イオンもなんとか見えます。

 

でも、残念なことにパルコは見えません。

 

だってここは田舎ですからねえ。ワタシの町にパルコが進出することは・・たぶん無いでしょう。

f:id:sanketarecord:20160827172028j:plain

パルコから株主優待券がきた

まわりを見わたしてもパルコが見あたらないけど、パルコの株式を保有しています。そのおかげで、今年も株主優待券を頂きました。

 

ありがたくこの優待券を使わせていただく所存です。

 

ただ、ざんねんなことに地元で使える場所がありません。

親せきのおねえさんに、まるごとプレゼントしました。だって親せきのお姉さんは、パルコが近くにある大都会に住んでいるから。

おねえさんからは、このパルコの優待券、毎回好評です。おねえさんがパルコで消費してもらえば、パルコの業績が上がり、株主のワタシにもご利益があると。

 

おねえさん、いっぱい買い物楽しんでねえ!

 

株主の権利を行使する義務があるからといって、わざわざ大都会にいって買いものをする時間は、ワタシにありません。

 

せっかく、いただいた優待券を無にするのは、株主として申しわけないので、プレゼントしているところです。

 

内容としては、たぶん買い物したときの割引券とパルコにある映画館の割引券だったと思います。(確認して記事に追記します。)だってもう手元にないんです。

なんでパルコを買ったのかといえば?その理由のひとつに、自己資本比率が高かったというのがあります。

 

株主優待目的に購入したわけではありません。ワタシにとってパルコからの株主優待券は副産物のような感じです。

 

株主優待券を親せきのおねさんにプレゼントするぐらいですので、ワタシが株式投資をやっているのは、まわりにバレバレです。まあ隠すつもりもまったくありません。

 

親せきのおねえさん、まわりの親せきからは「投資とかこわくないのかあ?」なんてことあるごとにいわれますが?ワタシのまわりでは「投資=危険なもの」というイメージがあるようです。

 

 

さいごに

今となっては、投資をやることで、すくないですが臨時収入もあります。さらにブログのネタにできるというのは、やっていてよかったと思う今日このごろです。

株主優待券は自分で使うばかりでなく、プレゼントにも喜ばれますよ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。またの訪問を管理人はいつもお待ちしています。